2014年 07月 22日
2014夏 チャリティー・ポストカード販売のお知らせ
チャリティー・ポストカード販売のお知らせです。


A. こどもセット

B. スイーツセット

C. 旅行セット


カードはどれも、1セット1500円での販売になります。
 内訳
 ・カード代金500円
 ・寄付金 1000円
別途・送料が100円かかります。
3セット以上ご注文の場合は、送料無料になります。

寄付金分は、7月の石巻お菓子教室でかかった費用に、
充てさせていただきます。

このペンギンたちは、クレイアート作家・松浦由美子さんの作品です。
神戸出身の松浦さんに、東北被災地へのチャリティーカードの制作協力をお願いしたところ、
快諾下さいました。


ご注文は、こちらから。
クレジットカードでの決済がご利用いただけるようになりました。
銀行振り込みの場合は、恐縮ですが、
お振り込み手数料ご負担お願いします。

・写真の色味は、ご覧になるPCモニタにより異なる場合があります。
・カードのばら売り販売はありません。
・発送はメール便でお送りします。
・発送は国内のみになります。
・配送事故(折れ曲がり)などの場合は再送いたします。他の理由による返品はご容赦下さい。
・ご質問などありましたらメールでご連絡下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。
                                     関川真佐夫




# by moonisup | 2014-07-22 23:24 | volunteer | Trackback
2014年 07月 21日
For Our Children 04

3年ぶりの石巻日和山・鹿島御児神社

震災直後に避難所になっていた湊中学校。
改修工事も終わり、今年の4月から、
通常授業が復活しました。
ここは津波の直撃をうけて、
校舎の2階以下に大きな被害がありました。
避難所になっていて、
炊き出しを何回もした場所です。
でももう、すっかりきれいになっていました。
校舎には外階段が新設されて、
屋上に素早く避難できるようになっています。

津波が到達した時間でずっと止まっていた大時計が、
正確な時を刻んでいるのを見て、ぐっときました。
(通常の学校に戻っていますので、部外者は入ることができず、
 門の外から撮影しています。休日の夕方で生徒さんはいないようでした。)


日和大橋を渡って、南浜・門脇地区。
こちらは、すぐ海の場所で、
いまだに草地が広がったままでした。
ぽつりぽつりと、慰霊碑がたっています。
向こうの煙突の煙は、日本製紙工場のものです。


そして日和山から見える海。
ここにくるのは3年ぶりです。

震災直後に、仲間に連れてきたもらったのですが、
そこからの光景を見ることはちょっとできなくて、
避けていた場所です。

ようやく再訪して、再び手をあわせることができました。
初夏の気持ちいい風が吹いていて。
七夕飾りがあり、
子供達が駆け回っていて、とても"日常"でした。
3年。
長いような短いような、色々なことがありましたね。
まだ過去形にできないこともあります。

さて、そろそろ初夏の石巻から、東京に戻る時間です。
石ノ森漫画館に寄って、
仲間の車で仙台駅まで送ってもらい、
仙台駅で友人に会って、駅ビルで寿司食べて。
同じ宮城県なのですが、
仙台駅に戻ると、なんだかリセットされる気がします。

夜の新幹線で東京に戻りました。
今回も、多くの仲間の手助けがありました。
心より感謝です。

昨年の12月で、石巻でのお菓子教室は終える予定でした。
毎回参加している子供たち、お母様から、
年賀状の返事をいただき、
また来てね、次はなに?
と書かれていたので、この7月に行いました。
最初に避難所で知り合った子供達、
一番最初に一緒にお菓子を作った子たちは、
すでに中学生になっていて、
部活などが忙しく、今回は参加できませんでした。
現在の5年生チームが、次の春で6年生になります。
そして、その春には新しい公民館ができる予定です。
その時にまた、、
どうするかは、、、
これからゆっくり考えます。

(2014年7月の石巻活動報告を終わります)



# by moonisup | 2014-07-21 23:44 | volunteer | Trackback
2014年 07月 20日
For Our Children 03

タイルに絵の具を載せるには、
ちょっとコツがいるようです。

スペインタイル教室の先生をしている友人がおりまして。
「石巻の子供達にどう?」
と、聞いてみたところ、快諾して下さいました。
彼女は3.11の時はスペインに住んでいました。
すぐに日本にかけつけることができず、
被災地に何かしたい、という気持ちをずっと持ち続けていたのを、
知っていたので、お誘いしたのでした。

参加した子供達は、各々がこだわりをもって、
タイル作りを楽しんでいました。
こういう作業は、性格がでるようですね。

現地で焼くことはできないので、
タイルを東京に持ち帰ってから焼いて、郵送。
焼き上がりの写真はこちらの記事に。

今まで何度も石巻に行っていますが、
友人を誘ったのは初めてです。
当たり前のことなのですが、
石巻に行くのに、必ずボランティアをする必要は、
ないのです。
普通に観光に、遊びに、おいしい魚を食べに行けばいいのでしょう。
また誰かを誘って行きたいなあと、思っています。

石巻の茶そば、おいしいのですよ。

(つづく)




# by moonisup | 2014-07-20 22:40 | volunteer | Trackback
2014年 07月 19日
冷たいパスタ

夕飯に冷たいパスタ作りました。
・オクラ、キュウリ、シソ、梅肉をみじん切り、
 ゆずぽんであえて、冷蔵庫でねかせる。
・豚肉を茹でて、冷ます。
・大根おろす。
・パスタ茹でて、冷ます。
以上を合体、めんつゆと醤油で味をととのえる。
うんめえ、です。
一口食ってから、
トマトに気づいて、
あわてて切ってのせました。
:->





# by moonisup | 2014-07-19 23:11 | food | Trackback
2014年 07月 18日
For Our Children 02

お菓子教室はこちら。

2014年7月
石巻で子供お菓子教室をしてきました。

今回は、これ、型抜きクッキー。
簡単かな、と思っていたのですが、
なめてました、予想以上に難しく出発前に、
何度か練習試作しました。
ポイントは、クマやペンギンが、ナッツをだっこしていること。
オリジナルレシピは、こちらです。
いつも同様、事前に師匠に習いに行ったりして、
小学生でも作りやすいよう配合に変更しています。

型抜きは溶けないように素早く、
なんですが、まあいっかと、
急かすことなく見守りました。
どの子も楽しそうに、そして一生懸命作っていました。

ガスオーブンが2台、上下で天板が合計4枚入るので、
出来た子から、どんどん焼いていきました。
天板にはテープで印をつけて、
どの子のかわかるようにしました。
でも、焼き上がって、どれが自分のか、
みんな見分けがつきました。
それだけ個性的なクッキーができたのです。

ちょうど、金曜ロードショーで、
「もののけ姫」を放送した後だったので、
"こだま"を作っている子が多くいました。

事前に合羽橋でたくさんの型を注文購入して、
参加者全員に、クマとペンギンの型をお土産にプレゼントしました。

中途半端に余ったバターで、
スタッフ用のスコーン焼きました。
砂糖が足りなくて、ハチミツを使ったのですが、
香ばしく美味しく焼けました。

お菓子教室は、湊地区にある公民館「みなと荘」でおこなってきました。
すぐ近くには北上川が流れていて、
ここも津波被害のあったエリアです。
川では護岸工事が始まり、大きな堤防が作られるそうです。
そして、この公民館も移転するので、
この調理室で行う最後のお菓子教室になりました。
本当にたくさんお世話になりました。

(この記事の写真の多くは、友人たちが撮影してくれたのを使用しています)

つづく




# by moonisup | 2014-07-18 22:02 | volunteer | Trackback
2014年 07月 16日
For Our Children 01

2014年7月4日金曜日
ピートさんと東北本線に乗って北へ。

仙台までは、こまち。
PAULのパンを車内で。

この頃の東京は梅雨まっさかり。
連日の雨で、蒸し暑かったのですが、
仙台駅に降り立つと、肌寒いぐらいでした。
東北本線に乗り換えると、
年配の旅行客で混んでいました。
もう震災前の光景と変わらないのでしょう、
塩釜、松島で、人はどっとおりて、
そこからは座れます。
昨年12月以来、7ヶ月ぶりの石巻へ。


これは2013年12月2日の写真。
出産直前の友人家族を撮って、東京に戻りました。
この写真を撮った4時間後に生まれた子が、

この子。
もうだいぶおっきくなっていました、
こんにちわ。
全然人見知りしなくて、何度も抱っこしました、
かわいい^^

左は震災の年に撮影した写真。
この頃のお兄ちゃんと、ほぼ同じ月齢。
なんかそっくり。
そして、そのお兄ちゃんは、

もう、こんなに大きくなっています、3歳半をすぎていて、
一緒にリンゴジャムを作りました。
7ヶ月ぶりだけど、僕のことをよく覚えていてくれて、
「せきかーさーん、あそぶよー」
「おふろはいろー」
と、一緒に風呂まで入りました。

「東京は雨続きですよ」
「今日の雨が久しぶりで、宮城はあまり降っていないのです」
同じ日本でも、ずいぶんと違うものです。

いつものように陶芸家の友人宅に、
2泊3日お世話になりました。

また彼とは遅くまで、
音楽とか色々な話をするのも、恒例になっています。

(つづく)






# by moonisup | 2014-07-16 23:06 | volunteer | Trackback
2014年 07月 15日
夏でもすずしい部屋・07

「南の島では、働いちゃいけない」
「南の島では、トロピカルドリンクしか飲んじゃいけない」
「南の島では、日焼けしないといけない」
「南の島は、大変だなあ」
「大変って、言っちゃだめ、南の島では頑張ってくつろぐんだよ」
「北極のシロクマのがのんびりしてそうだなあ、、、」

(いったんおわり)

# by moonisup | 2014-07-15 23:05 | photo | Trackback
2014年 07月 14日
夏でもすずしい部屋・06

「南の島に行ったことある?」
「あるある、こーんなに大きなクジラをみたよ」
「ほんとに?」
「ほんとだって、こーんな、こーーーーーんなにおおきな、」
「はいはい」

(つづく)

# by moonisup | 2014-07-14 22:00 | photo | Trackback
2014年 07月 13日
夏でもすずしい部屋・05

「ではワトソン君、勝負だ」
「負けないよ、ホームズ」
「なになに、探偵ごっこ?」
「地下鉄すごろくですよ。ルールは簡単、
 ベーカーストリートから、ウィンブルドンまで、
 最初についた人が勝ち。
 どの路線にのってもいいけど、
 ウォータールー駅は必ず通ること。」
「"地下鉄のザジ"と呼ばれているこの私の勝利間違いなしですな」
「それパリの地下鉄」
「え」

「ウォータールーと言えば、サンセットですな」
「だいたい曇っているけどね」
「ここでベルギービールを飲むとワーテルローの戦いを思い出しますな」
「ビールといえば、ラガーとエールはどう違うんですか?」
「ラグビー選手が試合中に飲んでいいのがラガー」
「、、、もしかして、観客が飲むのが、」
「さすがわかってらっしゃる、エールですよ」
「なるほど」

「ウィンブルドンといえばテニスですな」
「私は豪・仏・米は制しましたが、芝だけは苦手でした」
「ウィンブルドン駅と、ウィンブルドンパーク駅を間違える人が、後をたたないそうですよ」
「しかもテニス会場へは、サウスフィールド駅のが近いですからね」
「いやはや、イギリス人ときたら」
「浦和駅の多さには負けますけどね」
「浦和はダンジョンですから」

(つづく)

# by moonisup | 2014-07-13 21:44 | photo | Trackback
2014年 07月 12日
夏でもすずしい部屋・04

「おはなししてー」
「もうねなさい、よるですよ」
「まだねむくない、おはなしー」

「むかしむかし、あるところに、ひとくいペンギンがいました、」
「やだー、もっとかわいいおはなし、おひめさまのー」
「むかしむかし、ひとくいプリンセスがいました」
「ぶーぶー」
「むかしむかし、ぶたのプリンセスとペンギンのプリンセスがいました」
「それから?」

「おひめさまたちは、まいにちまいにち、きちんと、おかたづけ、おべんきょう、
 ママのおてつだいをして、とてもいいこにすごしてい、」
「ぐう、、、」

(つづく)


# by moonisup | 2014-07-12 23:06 | photo | Trackback


< 前のページ      次のページ >