2010年 02月 27日
プリンとラング・ド・シャ
a0003650_1556485.jpg
「男子スイーツ RECIPE  著・石橋かおり (主婦の友社)」
という本を頂きまして。
久しぶりにプリンを作りました。
カラメルソースが上手に作れないのです、いつも焦がしすぎて苦くなったり、
早すぎて味が薄かったり、、
型から外すのも難しくて、、
ま、いっか、味のほうは、甘さ控えめ、おおむねオッケー。
a0003650_15593760.jpg

プリンを作ると、卵白があまります。
卵白だけのレシピはないかとネットで検索。
簡単なのは、ラング・ド・シャが多くヒット。
猫の舌、ですね。
色々なレシピを見たのですが、
a 卵白をバターにそのまま混ぜるレシピ
b 卵白をメレンゲにしてから、混ぜるレシピ
の二つがありました。
ふんわりさくさくのが食べたかったので、メレンゲバージョンで。
次の問題は、焼き温度。
a 180度で 10~15分
b 最初は120度で4分、その後に170or180度にあげて10分。
うーん、どっちがいいのでしょう。
ためしに海外のレシピを検索すると(フランス語でなく英語ね)
200度で10分ぐらいがいくつかヒット。
、、、わからん。
ということで、2回にわけて焼いてみました。
1回目 120度で3分、170度にあげて10分
うーん、、
2回目
200度(景気付けに高温)で、10分。
7分で周辺が焦げてきたので、結局7分20秒で停止。
うん、こっちかな。
次回(があれば)180度で10分に挑戦。
味はとても美味しく焼けました、が、こればっかりは食感・ふわふわさくさく、を追求したいものです。
:->

by moonisup | 2010-02-27 22:33 | sweets


<< 最後の保護者会      漢の料理・お弁当大作戦 その2 >>