2010年 11月 25日
大手町から丸の内
a0003650_23541132.jpg

ある晴れた11月の朝、納品のため大手町へ。
a0003650_23542845.jpg

この街を歩いている多くの人々は、身なりのきちんとしたビジネスマンばかり。
場違いな僕ースーツを着ていない・首からカメラをぶら下げている・中年1人ーを見る警官たちは、
職質すべきかどうか決めかねている。
クライアントのビルに行くと、入り口の警備員も警戒のようすを隠そうとしない。
a0003650_23544427.jpg

納品が無事に終わり、丸ビル方面へ。
きれいな黄色い光の下に、4歳ぐらいの男の子を連れている、とても美しい女性がいた。
その男の子は、カールした金髪が美しくラファエロが描いた天使のようだった。
「Mom!」
と叫びながらその男の子は落ち葉とからまっていた。
「〜〜〜could you stop〜〜」
会話のすべてが聞こえたわけではないのだけど、
その女性はとてもやさしい笑みで子供に話しかけていた。
その光景、まわりにある大きなビル、ビジネスマン、
すべてが僕とはかけ離れた世界で、まぶしく感じた。
劣等感というものではなくて、自分がこの街のこの場所にいてはいけない気持ちになる。
色々なネガティブな感情が渦巻きそうになったので、その場から早く離れることにしたその時、
天使のような男の子が、
「うんこおならビ〜〜〜ム」
と叫んでその美しい母親に浣腸をダイレクトに決めた。
あまりの光景にびっくりしていると、さっきまできれいな英語で話しかけていた女性は、
「なにすんねん!ええかげんにしときい!」
とその男の子に逆に浣腸を決めていた。
まぶしい陽をあびて黄金色に輝く木々の下で。
二度びっくりした僕は、
隣の芝は青い、という英語がなんだったか思い出せずにいた。
:->

by moonisup | 2010-11-25 23:55 | Tokyo


<< 11月最後の週末      新型 >>