2011年 02月 21日
冬の天草・朝虹窯
a0003650_2341094.jpg

ゆっくりと、ていねいに時間をかけて。
窯の中を、1200度まであげていきます。
a0003650_23411934.jpg

'冬でも暖かい南国九州'、というのは一部の地域だけのようです。
今年の冬は特にきびしく、熊本県天草市にも雪が積もりました。
a0003650_23414718.jpg

1月末のとある日。
最高気温は2度でした。
寒い日々に、冷たい土を練り、乾かし、素焼きをして。
そして冷たい釉薬に器をひたしていきます。
ひとつひとつ、ていねいに。
a0003650_2342456.jpg

そして窯詰め。
器を入れる位置を丹念に考えて、隙間なく窯に入れていきます。
そして火入れ。
a0003650_23423342.jpg

繰り返し、繰り返し。
一人で、この作業を黙々と続けていました。
手を抜こうと思えばいくらでも、
さぼろうと思えばいくらでも、
誰もとがめる人はいません。
最後は自分との闘いです。

先月、天草の陶芸家・余宮隆氏の工房に行き、
3日間の滞在中に、たくさんの写真を撮りました。
もうすぐ、水道橋の器屋・千鳥で、今年も余宮隆展がおこなわれます。
素晴らしい器の数々が所狭しと店内にならぶ中、
僕が撮影した写真もプロジェクション展示いたします。
お近くの皆様、是非ご覧下さい。
また詳細は後日に。
:->

by moonisup | 2011-02-21 23:46 | travel


<< 天草の塩      Harvest Cranber... >>