2011年 11月 16日
walk on the river side 03 仲間たちの飯
a0003650_23582735.jpg

11月になり、石巻で初めてケーキを焼きました。
避難所での炊き出し調理も終わり、リラックスするためのスイーツ作りです。
a0003650_11381949.jpg

僕が所属しているボランティアチームは、9月に拠点を引っ越ししました。
石巻駅から徒歩10分の便利な場所ですが、
川沿いにあった大きなクリニックで、津波被害により閉院したとこです。
そこを賃貸契約して、泥だし、破損した窓作り、壁の塗装、床の張り替え、
多くの仲間が汗を流して使えるように復旧しました。
この部屋で仲間はミーティングをして、相変わらず寝袋で寝ています。
寒いです、とても。
この新ベースには風呂はありません。
車で、近隣の"道の駅"にある有料浴場に行くことになります。
1回700円、10日で7000円、長期スタッフには厳しい出費です。
(僕は今回2泊3日だったので、風呂はパスしました、時間もなかったので)
a0003650_11413472.jpg

炊き出しがなくなったので、避難所での余り物もなく、
また食料支援物資も届きません。
僕が着いた日の台所には、ジャガイモ、タマネギ、米、しかありませんでした、、、

「みんな、今まで何を食べていたの?」
「避難物資で余ったレトルト食品です、あとは熟しきった柿があります」
「、、、わかった、なんか作るから、、」
というわけで、早速近隣のスーパーに行き、大量の野菜などを買い、
彼らの食事サポートを。
a0003650_11422930.jpg

ここは、排水と電気関係が津波被害にあった理由で、
台所、トイレなど水回りは2階で、冷蔵庫は1階と、ちょっと不便です。
まだ病院関係の物も置いてあり、勝手に動かすわけにもいかず、
色々と工夫して活動しています。
a0003650_11433432.jpg

ここにある旧いオーブンで、リンゴケーキやスコーンを焼きました。
ケーキは仲間だけにでなく、にこまるクッキー作りの人達へも。
スコーンは、おやつに。
a0003650_11444799.jpg

出発する直前に友人から、リンゴの差し入れがあったので、
トランクに詰めて持って行きました。
それで、夕食後にリンゴジャム作り。

行く直前に仲間と連絡をとったところ、
「今ベースには6人ぐらいしかいなくて人出不足だよ」
と聞いていました。
ところが行ってみたら、20名。
おかげで、活動は円滑にまわったのですが、食材が足りません。
お米も毎食1升を炊きますが、あっという間になくなり、
しかも、お米プロジェクトが始まったので、ここの米も全部配付してしまいました。
冷凍庫にいつからあるのかわからない食パンが3袋あったので、
全部フレンチトーストに。
焼いて皿に、焼いて皿に。
でも次々と空になった皿が戻ってきて、パンも足りず。
a0003650_11454087.jpg

ブログを通じてお預かりした義援金、
撮影会でお預かりした義援金、
友人から託された義援金、
今回は、このような食材費に使わせていただきました。
直接に被災者のもとへは、にこまるスタッフへのケーキ、
そして、調理道具などで(東京に戻ってからも不足分発送しました)、
お預かりした金額の半分以上は、20人分の食材費になりました。
無収入で長期で活動している仲間への支援が、被災者への支援にもつながりますので、
どうぞご理解いただければと思います。
a0003650_11465253.jpg

これから始まる長い厳しい冬。
仮設住宅にいる被災者のことが気がかりでなりませんが、
風呂もない、食材も枯渇しているボランティアセンターにいる仲間のことも、
心配しています、みんな頑張りすぎないようにね。

(つづく)

by moonisup | 2011-11-16 14:40 | volunteer


<< walk on the riv...      walk on the riv... >>