2011年 12月 13日
Standing by you 04 クリスマス会
a0003650_23112316.jpg

東京で5本焼いたパウンドケーキ。
特別なことをする予定ではなく、ただカットして40人分のオヤツになれば、
と思っていましたが、突然
「クリスマスバージョンに盛りつけて」
とのこと。
イチゴと、誰かのオヤツのシューチョコ(誰のだったんだろう、すまんです)を勝手に使って、
お菓子の家に。
a0003650_23113524.jpg

「こんなおうちにすみたいねー」
って喜ぶ子ども達、かわいすぎる^^
a0003650_23114671.jpg

トナカイをかぶった村長が子ども達とお母さん方に、プレゼントを渡して歩きます。
「いい子でしたかー」
「はーい」
a0003650_2312550.jpg

一足早いクリスマスに、満面の笑顔。
もらったオモチャで遊んで、ケーキ食べて、興奮のまま消灯時間。
a0003650_2312221.jpg

そして、夜も更けて。
「福島子ども元気村」の二番目のプロジェクトになります。
スタッフとお母さんたちとの懇親会。
子ども達を楽しませるが第一義なのですが、お母さん達から話を聞くことも、
大切なことです。

以下、僕が聞いた話、他のスタッフが聞いた話を書いていきます。
私情はさまずにそのまま。
辛い話もあるので、苦手な方は無理に読まれませんように。






・屋外の放射線値が大きいので、まったく外で遊べなくて、
 2歳6歳の子とずっと家の中にいて、ストレスがたまります。

・海で泳いだり、山でよもぎを採ったりといった年中行事が出来なくて、
 当たり前だったことが生活からなくなりました。

・こうなってあらためて、福島っていいところだったんだと思いました。

・家の前の値は90で、自分で土をほって袋にいれて庭の隅においたら、
 30に下がった。役所の人は、下がりましたね、って言って何もしてくれません。

・福島県のゴミをよそで処理してもらおうとは思わない、
 福島県内で独自に処理施設を作るべきです。東京とかに迷惑はかけたくない。
 でも、福島で作った電気を東京の人も使っていたんだと思うと、複雑な気持ちになります。

・風評被害ではない、値の大きな福島産のものは自分達だって食べるわけありません。
 きちんと検査、きちんと報道してほしい。

・ホールボディカウンターで検査したら、私も子供も内部被爆と診断されました。

・放射線で被曝していても、それは伝染病ではない、インフルエンザのように、
 空気感染することはないのだから、福島の人間を差別しないで欲しい。
 この子供達の将来を思うと、言葉にならない。

・震災直後は停電していて、情報がまったくなく原発の事故も知らされませんでした。
 事故直後に、屋外で配給物資をもらうために並び、川の水も汲んで使っていました。

・移住なんてもちろん何度も考えます、仕事、家族、夫婦でも意見が食い違います。


この話を全部僕が聞いたわけではありません、後で仲間から聞いた話もあります。
話し合いは遅い時間まで続いたそうですが、最後まで参加しませんでした。
ここでの僕の役割は、翌朝6時に起きての朝食作りなので、台所を片付けて、
0時半に先に失礼したのです。
夜の木造校舎は寒いので、布団を昨夜よりも増やし、寝袋も使って眠りました。
何か考えようとしたのですが、一日中台所で立ち仕事をしていたので、
何も考えられずに、すとんと眠り落ちました。

(つづく)

by moonisup | 2011-12-13 23:24 | volunteer


<< Standing by you...      Standing by you... >>