2012年 02月 25日
With the Kids in the Snow 02 料理教室
a0003650_0293190.jpg

おいしい玄米の炊き方
a0003650_0294188.jpg

2012年2月4日
石巻市・中央公民館で、料理教室が行われました。
a0003650_0295255.jpg

講師は、料理研究家・山戸ユカさんです。

僕がユカさんに初めてお会いしたのは、6月の石巻でした。
避難所での炊き出し、津波で給食室が使えなくなった学校への、
給食サポートなど、料理研究家の腕を存分に発揮されていました。

何度も炊き出し現場で活動していたからこその思い、
「いつかはここの人達と笑いながら料理を一緒にしたい」
それがようやく、この2月に実現できました。
a0003650_0302897.jpg

会場は中央公民館・築50年の建物で、震災にも耐えました。
ここは避難所にもなっていて、5月に僕はここで170食の味噌汁作りを手伝ったりしていました。
きれいに片付いたこの場所での料理教室は感慨深いものがあります。

参加して下さったのは、避難所で知り合った方、
現在仮設住宅で暮らしていたり、色々です。
にこまるクッキー作りでお世話になった方も。
a0003650_0304338.jpg

そして、サプライズプレゼントもありました。
石巻の陶芸家・遠藤寿哉さんから、飯椀が届けられました。
遠藤さんは、ボランティアセンターで、ずっと事務作業のお手伝いをしていました。
(当時、陶芸家とは存じませんでした)
被災した自分の工房を片付け、なおして、ようやく作陶を開始された頃です。
詳しくは遠藤さんのブログを。

料理教室は大変好評でした。
今後もまた是非と言われ、仮設住宅の集会所など、
色々な場所でまた行うことになるかもしれません。

ちなみに僕は、助手として参加する予定でしたが。
腱鞘炎にくわえて、この日の朝に包丁で左手の指を派手に切って、
両手負傷してしまい、洗い物も満足にできず、、、役に立てずにすんませんでした。
a0003650_0312947.jpg

昨年9月に避難所が閉鎖されて、大規模炊き出しもなくなり、
ボランティアチームの炊き出し班は、自然解散しましたが、
その後も、ユカさんはスタッフの食事作りのために、
石巻に行ったりしていました。

炊き出し班の一日はとても長く、
朝6時前に起きて、ミーティング前にスタッフの食事作り。
ミーティング後に食事、片付け。
現場への移動、炊き出し、一日調理と片付け。
夕方にベースに戻り、スタッフの晩飯作り、片付け。
そして翌日の仕込みを、夜の10時半まで。
「今日もお風呂に入れなかったね」
と、休む間もありません。
a0003650_03148100.jpg

スタッフはいつも、おいしいご飯を楽しみにしています。
 いただきます、うまいっす、ごちそうさまです。

(つづく)

by moonisup | 2012-02-25 23:59 | volunteer


<< With the Kids i...      パンケーキ >>