2012年 02月 27日
With the Kids in the Snow 03 イチゴジャムをつくろう
a0003650_2241137.jpg

「イチゴのおもさ、そのはんぶんは?
 つぎに、それに0.9をかけてください、90パーセント。
 できるかな?」

おっきいお兄ちゃんはできましたね^^
a0003650_22414785.jpg

2012年2月5日
石巻で、こども向けのジャム作り教室をしてきました。

場所は、中屋敷地区にある、塗装工場です。
ここも津波がきた地域ですが、
震災後に泥だし整備して、炊き出しをしていたそうです。
現在は、工場の好意により、週末は子供達の遊び場として開放されています。
ここを日曜日にお借りしました。
a0003650_2242665.jpg

3歳から10歳ぐらいまでの子供達が十数名。
多くの大人スタッフの協力により、楽しくジャム作りができました。

思いかえせば5月。
大街道小学校避難所脇での炊き出しは、自衛隊と並んで行っていました
文字通りの修羅場で、あそこで700食を作っていた時に、
「いつかはここの子供達と、甘い美味しいケーキを作りたい」
と思っていたのですが、とてもそんな状況ではありませんでした。
あれから9ヶ月、その子供達と、一緒にジャムを作れるとは、、、
多くの人々に感謝です。
a0003650_22422752.jpg

ジャムを作った後は、パンケーキを焼いて、
自分で作ったジャムをつけて食べました。
どの子も、とても上手に焼けました。

「おいしかったよー、ねえ、つぎはいつ、つぎはなにつくるの?」
「そうだね、なにつくろうか、なにがたべたい?」
「イチゴのショートケーキ」
「おたんじょうびケーキ」
「メロンパン」

色々とリクエストがありました。
ただここは、オーブンがないので、鍋、フライパンでできるスイーツに限られます。
ホットケーキ、クレープ、蒸しパン、カステラ、色々できそうですね。

先日、雪だるまポストカード販売で集めたお金は、
この時のイチゴ(高かったっす、、)、砂糖、卵、薄力粉、BPなどの材料費、
そして、ホイッパー、フライ返し、木ベラ、鍋つかみなどの道具代に充てさせていただきました。
お礼申し上げます。
(余りがでましたので、それはサンライスと、また次のスイーツプロジェクトに充てさせていただきます)
a0003650_22431395.jpg

そして翌朝。
余った粉で、ボランティアスタッフの朝食分を焼きました。

イチゴジャムは、スタンダードレシピを、僕なりにアレンジしたものです。
パンケーキのレシピは、
「はかりいらずのふんわりパンケーキ」 若山曜子 著 主婦の友社
の基本のパンケーキの配合にしました。
子供でも扱いやすい生地でした。


ご支援応援いただいた皆様、
協力いただいたスタッフの皆様、
場所を提供して下さった中島産業さん、
そして参加してくださった子供達と、お父さん、お母さん、おばあちゃん、
本当にありがとうございました。
また必ずうかがいます。

(つづく)

by moonisup | 2012-02-27 22:46 | volunteer


<< 東北炎の作家復興支援展示会II...      With the Kids i... >>