2012年 03月 05日
With the Kids in the Snow 04 サンライス
a0003650_211958.jpg

石巻の仮設住宅に住む独居老人支援・サンライス元気村プロジェクト
お米の配付だけでなく、健康状態をうかがったり、色々な話を聞くのが目的です。
「お米いらんから、毎日お茶っこしにきて」
と言われることもあるそうです。
a0003650_2111885.jpg

多くの方からお米のご支援をいただいてて、本当にありとうございます。
そして、嬉しいのはメッセージカードです。
全国から届いたメッセージカードから、被災者と支援者の間で文通が始まった例もあります。

僕のブログを見て下さった福井県の農家の方から、お米900kgの支援もいただきました。
本当にありがとうございます。
a0003650_2121185.jpg

仮設住宅をまわる、と言っても大変なことです。
石巻市内に仮設住宅は約130カ所・8000世帯もあります。
このうち、独居老人はおよそ2000人。
漏れることなく、毎月回るのは、大変なことです。
ミーティングを重ねて効率よく対応しなければなりません。
僕も1回同行したのですが、必ず在宅しているわけではなくて、
買い物などで不在の場合もあり、その時は再訪します。
3kgのお米を届けるのにも、時間と労力がかかります。
a0003650_2122534.jpg

福岡県で盆栽教室をしている方から、食料支援の連絡をいただいたのが12月。
炊き出し班が集まるタイミングでお願いして、2月に送っていただきました。
段ボール7箱の、野菜、出汁、お米の数々。
九州からの遠距離、送料だけでも大変だったと思います。
当初は送料分がもったいないので現金で、というお話しでしたが、
ちょうど僕が行った日が大雪で、石巻市内は大渋滞。
食材を買い出しに行くのも大変な時期だったので、
本当に助かりました。
a0003650_2123835.jpg

スタッフの朝食用にと、焼いたパンケーキ。
頑張っている彼らにも、毎日栄養のあるものを作ってあげたいのですが。
a0003650_2131665.jpg

そのパンケーキを焼いている横で、頭洗っている人もいます。
今現在のボランティアセンターは、津波で被災した病院を借りています。
風呂なんかなく、トイレも使用した紙は流せずにゴミ箱で回収。
近くの銭湯が営業再開しましたが、毎日ではなく、
数日風呂に入れないと、キッチン脇で頭洗うしかないのです。
(衛生面うんぬんのご心配は無用です、ここで作った食事を被災者に配付することは一切ありません。
 あくまでも若い屈強なスタッフのまかない用のみです。)

写真上右は、男子部屋。
とっても寒いです。
でも、毛布の大量寄付があるので、それと寝袋でしのいでいます。
a0003650_2133215.jpg

ボランティアセンターから、少し離れた駐車場へ。
みんなの足跡の上を、おっかなびっくり歩きました。
a0003650_2134551.jpg

これは2月の写真ですが、
3月5日、今朝仲間から届いたメールには、
「今日の石巻は雪がひどいです」
と、ありました。
仮設住宅の設計基準は、神戸の震災時に決まったもので、
寒冷地仕様ではありません。
日本全国対応なので、標準的なプレハブ建築です。
春が本当に待ち遠しい、今年の冬です。

(つづく)

by moonisup | 2012-03-05 21:46 | volunteer


<< ビアマグだけど      鈴木有人・写真展 MY ISH... >>