2012年 04月 22日
春のはじめの日・02
a0003650_1919422.jpg

雪が溶け始めると、シロクマの親子は、さんぽにでかけました。
すると、大きな桜の木の下で、ギターを見つけました。
a0003650_1920035.jpg

「このギターは、おとうさんにピッタリだよ」
「これはえらばれた人にしか弾けないギターなんだよ。
 そもそも、お父さんはドラマーだからね、ギターは弾かないんだ」
「まいにちまいにち、たいこをたたいて、あきないの?」
「飽きないよ」
「おとうさんは、どうしてたいこをたたくの?」
「長い答えと、短い答えのどちらがいい?」
「みじかくせつめいして」
「おとうさんは、スネアにえらばれたんだよ」
a0003650_1920322.jpg

陶芸家と酒屋は仲良しです、そういうものです。
「このお酒はあなたにぴったりだわ」
「いやいや君にこそぴったりだ」
「作陶をしたあとに、飲むといいわよ」
「君こそ、売ってばかりじゃつまらないだろう?」
「あなたは毎日お酒をのむのね、どうして?」
「正気に戻るためさ」
「、、、どんな映画を観たの?」
「酒屋には二種類いる、悪い酒屋と、すごく悪い酒屋だ」
「もう売ってあげないからね」
a0003650_19204583.jpg

ファイティングベアは、この町で最強の賞金稼ぎです。
実のところ彼は右手をずっと怪我しているので、
いつも左手一本だけで狩りをしていました。
黄金の左と恐れられて、いつからかサウスポー・ジミと呼ばれるようになりました。
とはいえ、賞金首がいない時期はずっと、レコード屋の店長です。
長いこと彼は、レコード屋の仕事だけをしています。
(つづく)

by moonisup | 2012-04-22 21:29 | photo


<< Tommy, Can you ...      春のはじめの日・01 >>