2012年 05月 04日
春のはじめの日・05
a0003650_122675.jpg

陶芸家には、たくさんのこだわりがあります。
そのなかでも、土のえらび方。
これだけでもラジオ番組になるほどです。
a0003650_1221783.jpg

どんなに作陶でいそがしくても、友人があそびにきたら、
ご飯を一緒に食べることにしています。
表向きの理由は、
自分が焼いたうつわで食べるご飯はどんな味がするか、を聞くためです。
本当の理由は、友人(彼はドラマーです)と一緒に、
ブリティッシュ・ロックを聴きながら、お酒を飲むためです。
a0003650_1223120.jpg

ドラマーの子が、陶芸家に聞きました、
「ろくろ に えらばれたから、とうげいかになったの?」
「いいかい、ロックが聴きたいときに、プログレがかかっていても、
 ラジオのチューニングを変えちゃだめだ。
 自分から何かを選んだって、ろくなことにはならないんだよ」
「なんで、とうげいかになったの?」
「ギネスが飲みたくても、ハイネケンしかなかったら、それを飲むんだよ」
「よくわからないよ」
「オレだってわからないのさ、世の中は、むずかしいことばかりだよ。
 でも心配することなんて何もないんだよ。誰だって何もわからないんだ。
 みんなわかったふりをしているだけなんだよ。」


(つづく)

by moonisup | 2012-05-04 23:36 | photo


<< 月とマーマレードとパウンドケーキ      大友克洋GENGA展 >>