2012年 05月 20日
One step closer 01 石巻・無盡窯(むじんがま)
a0003650_2251145.jpg

2012年5月11日(金)18:23
宮城県石巻市で。
僕たちは車を停めて、きれいな夕焼け空をながめました。

5月の石巻活動レポートです。
a0003650_2251279.jpg

2月以来、三ヶ月ぶりの石巻です。
朝7時の新幹線で東京を出て、仙台へ。
バスに乗り換えて石巻へ。
例年よりも気温が低いそうで、町のあちこちには八重桜が咲いていました。

久しぶりのボランティアセンターには、
食品放射能測定器が設置されていて、
その扱いに長けたメンバーは、お茶の専門家でもあり、
さっそく美味しいお茶をふるまってくれました。

お昼を作って、みんなで食べて情報確認。
食材庫を確認して、不足しているものを買い出しに行きます。
a0003650_22514066.jpg

つめたい小雨がふる北上川。

たくさんの食材や道具を購入して、
夕飯の仕込み、イチゴジャムの準備や片付けをして、また出かけました。

西のほうに向けて運転していると、だんだん雨も上がってきて。
a0003650_22522352.jpg

僕が初めて石巻に入ったのは、ちょうど一年前の5月で、
避難所で炊き出しの手伝いをしていました。
その後も、炊き出しサポートで何度か行ったのですが、
9月末にすべての避難所が閉鎖されると、炊き出し班は自然解散しました。
それ以降も仲間の食事サポート、福島の子供支援などで、
完全に東北から離れることはありませんでした。
a0003650_22523424.jpg

大街道小学校、湊中学などで、修羅場のような炊き出しをともにした仲間達。
久しぶりに石巻で集まりました。
あの頃の炊き出し班は、
朝の5時半起床で、ボラセンの朝食作り、
避難所に行き、昼には700食、夕食サポートで170食、センターに戻り、夕飯作り、
翌日のメニュー決め、食材チェック下準備、23時消灯、風呂入る暇無し。
「きつかったよねー」
と笑いながら話せるようになりました。
a0003650_22524987.jpg

僕たちが向かった先は、石巻の陶芸家・遠藤寿哉さんの工房・無人釜です。
遠藤さんは、被災者でありながら、
ずっとボランティアセンターで事務サポートをされていました。
僕も5月から毎月お会いしていたのですが、
当時はゆっくり話をする時間などありませんでした。
a0003650_2253766.jpg

この二つの窯が被災しました。
右の窯は、ずれて台から落ちて、フレームがゆがみました。
左の窯(1.5トンもあります)が、横倒しになる地震。
どれほどの揺れなのか、まったく想像もつきません。
(4トントラックを持ち上げるジャッキで引き起こしたそうです)
a0003650_22531948.jpg

このような棚がどうなったかは、説明するまでもないことです。
a0003650_22533176.jpg

ここに入った時、Tom Waitsの"Closing Time"がかかっていました。
マーシャルアンプのおいてある工房です。
遠藤さんからは土の匂いだけでなく、音楽の匂いもします。
あれから1年がすぎて、ようやく。
僕たちは趣味の話をする時間ができました。
a0003650_22534499.jpg

石巻の土にこだわって作る、という彼の作品は、
繊細でやさしく、あたたかい手触りです。

彼だけが特別ではありません。
被災地には人の数だけ、たくさんの物語があります。
すべての人々に触れることはできません。
たまたま縁のあった、何かの絆で結ばれた仲間達との交流。
今回は、そんなお話しです。

(つづく)

by moonisup | 2012-05-20 23:18 | volunteer


<< 根本先生と      Sweet home Toky... >>