2012年 05月 29日
One step closer 04
a0003650_1254890.jpg

2012年5月14日(月)6:58
石巻・ボランティアセンターでの朝食準備。
土日は人が多いのですが、月曜日は10人分ぐらい。

5月の石巻活動レポートです。

震災直後から、石巻で活動しているボランティアチーム"絆"は、
今年の4月から、社団法人になり、OPEN JAPANと改名しました。
とはいえ、主要メンバーも活動内容も変わりなく続いています。
a0003650_12542124.jpg

その代表の吉村さん。
何度も紹介していますが、災害救助ボランティアのプロです。
大地震がおこると、初動24時間以内に現地入りする方。
四川、スマトラ、台湾、あちこちに一番のりして人命救助など、大活躍しています。
ちょうど5月のこの時期、茨城県つくば市で、大きな竜巻災害がありました。
その翌朝5時には現地入りして、道路に横転していた車10数台を、
ユニックで移動、復旧作業に従事してきたそうです。
(竜巻災害は、ガラスの破片が家中、町中に散らかって大変だったそうです)
a0003650_12543477.jpg

サンライス元気村
仮設住宅に住む65歳以上の独居老人宅に、お米を届けるプロジェクト。
仮設住宅で、孤立しないように色々な支援活動をしています。
長期で活動している事務スタッフは毎日、対象者との連絡、色々な要望をまとめたり、
データ集計をしたりと、たくさんの作業をしています。
a0003650_1255652.jpg

仮設住宅でのカーシェアリング
その名の通りの活動です。
イメージキャラクターができました。
スートン、ローリー。
キャラクターは、東京学芸大学の先生と生徒さんがデザインしてくれたそうです。
漁港の町・石巻、口が錨になっています。

この二つの大きな活動があるのですが、
僕は料理教室などがあるので、これらには参加していません。
ならばせめて、と彼らの食事作りをしています。
a0003650_1256230.jpg

ボランティアセンターでは、相変わらずの床に寝袋生活ですが、
最近は毛布類が充実しているので寒くはなくなりました。
a0003650_12561222.jpg

屋上には、ソーラーパネル、これでパソコンの電力をまかなっています。
冬期は、パネルに雪が積もるので、蓄電効率が悪かったのですが、
日照時間の長いこれからは、活躍が期待されます。
a0003650_12562860.jpg

石巻カヌークラブができました。
僕はまだその活動を直接見ていたので、この話はまた今度に。
こちらに動画での説明があります。

石巻に行くと、こんな仲間達がいます。
彼らの笑顔と行動力には、いつも驚かされます。

「まだ被災地に行くの?、もう復興したんでしょう?」
よく言われる言葉です。
(うん、そうだね、もう行かなくていいかな、これを最後にしよう。)
行く前はいつもそう思います。

被災地には大きな問題があります。
・瓦礫の処理
・仮設住宅関連
・雇用の確保
どれも、個人レベルでできることではありません。
うん、終わりにしよう、僕には東京に家族もいるし、仕事もあるし。
そんなふうに何度も思います。
今ここで僕が、ボランティアをやめたところで、なにも影響はありません。
a0003650_1345478.jpg

4日間の活動を終えて、東京に戻る日。
お昼ご飯の作り置きをしていると、
はからめ夫妻 (写真両端)が、
「横浜に行く用事があるから、東京までうちの車に乗っていけば?」
と、誘ってくれました。
「ありがとう、甘えます!」

彼らは福島を拠点にしていました。
3.11の直後、すぐに救援物資を車に満載して、福島から北上しました。
そして、カーラジオで原発事故のニュースを聞いて、
「あ、戻れなくなったんだ」
と、思ったのだそうです。
その後、彼らは石巻を中心に支援活動をずっと続けています。

「ちょっと仮設住宅によって、餃子を届けるから」
彼らは、昨年夏、避難所で仲良くなった方に、ご挨拶によりました。
「時間ないの、そう残念ね、またきてね、今度はお茶っこしてって」
「うん、またの機会におじゃまします」

またね

会う人、会う人と、この言葉を交わします。
一緒にケーキを作った子供達とも。
「次いつくるの?」
「多分、夏頃、それまで元気でね、またね」

この繰り返しです。
僕は特別な活動をするわけではないので、
ふらっとお友達の顔を見に行く、そんな感じなってきました。
a0003650_13104919.jpg

夕方の東北道を南へ。

僕は、はからめ号ハイエースの後部座席で、うとうとと眠っていました。
すると、カーステレオから、聞き覚えのあるイントロが聞こえてきたのです。
「、、、え、たくみ君、なにこれ、ダブリンのカウントダウン・ライブのブートだよね」
「え、関川さんこそ、なんで知ってるの?」
「だって持ってるもん、これ大好きだよ」
「ええ、U2好きなの!?」

僕たちは知り合って1年もたち、石巻、福島の色々な現場で一緒に活動してきましたが、
趣味の話をする時間はほとんどなかったのです。
東北道の長い長いドライブの時間、僕たちはずっとロックとか映画の話をしました。
時たま、福島の水田を眺めながら。

大震災がなければ、決して行かなかった場所、出会わなかった人達。
震災は多くのものを奪っていったけれど、新たな出会いもありました。
たくさんの新しい仲間ができました。
そして僕たちは、もしかしたら震災がなくても、いつの日か出会っていたのかもしれません。
陶芸店で、コンサート会場で、ケーキ屋で、どこかの川や山で。
どこかの"名前のない通り"で。



これで5月の石巻活動レポートを終わります。
応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。
次は7月に行く予定です。
:->

by moonisup | 2012-05-29 22:50 | volunteer


<< 5月のアウトテイク      夏の料理 >>