2012年 08月 09日
くじらのモービーの夏休み 03
a0003650_2046970.jpg

7月かれい日

レコード屋の店長ことイルカのフラスクが、長老の次に長生きなのはみんなが知っている。
彼はこの町で一番音楽に詳しく、親切だということも。
そして長老は、フラスクと大の仲良しで、会うと性格が変わってしまう。
a0003650_20464943.jpg

フラスク:「ヤーマン」
長老:「エイヨー、紹介するぜ、クジラのモービーだ、チェキチチェラ、ボビボビ」
フラスク:「オー、ビンババ、ビンババ、なにがどうしたって?」
モービー:「こ、こんにちわ、あの、ギターが弾けるようになりたいんですけど。」
フラスク:「バンドが組みたいって、このオレと。オッケー、いかす野郎だぜ!」
モービー:「いえ、楽器なんて何もできないんですよ、」
長老(Dr):「曲は何にしようかブラザー?」
フラスク(B)「ヒップでホップなナイスなデスメタルだな。」
長老(Dr):「ヘイボーイ、メタリカとメガデスはどっちがクールかわかるかい?」
モービー(G)「まって下さい、僕はギターなんてできません、担当を勝手に書き込まないで下さい。」
長老(Dr)「オー、モ〜ビィ〜、年寄りは人の話は聞かないもんだぜ、腹をくくる時がきたようだ。」

(つづく)

by moonisup | 2012-08-09 20:49 | photo


<< ロンドンバス      くじらのモービーの夏休み 02 >>