2013年 03月 18日
two years gone 03
a0003650_1883320.jpg

2013年3月10日
お菓子教室前に、スタッフ用まかないご飯。
無水鍋で作る、豚肉ともやしと白菜の蒸し煮。
a0003650_1884331.jpg

今回のお菓子教室は土日ともに同じメニューにしました。
今までは土日で作るケーキを変えていいましたが、
参加者が増えたことと、準備が大変なので、同じ内容にしました。
両日ともにガトーショコラです。
a0003650_1885770.jpg

1年前にお菓子教室を始めるにあたって、リーダーと相談して決めたことは、
・子供達が後日自力で作ることができる、わかりやすいもの。
・仮設住宅のキッチンは広くないので、特別な型や道具などを買い足しせずにすむレシピ。
です。
今回のガトーショコラは、
高価な製菓用チョコレートではなく、
どこでも買えるガーナ板チョコで作りました。
チョコの素材に頼るのではなく、手作りならではの美味しさの追求を。
板チョコは、
120g×6ホール×2日分=1440g
ガーナ1枚が55gなので、27枚も買いました。
石巻で買い占めるのはよくないので、
事前に東京の問屋売りの店で買って、
宅配便で石巻在住の仲間に送付しました。
a0003650_1891176.jpg

焼き菓子のいいところは、
オーブンから広がる幸せの匂いです。
部屋にいるみんなが笑顔になります。
a0003650_1892373.jpg

帰宅してからも、再現できるように、
レシピのおさらいをします。
代用可能な道具の説明をしたり、
チョコレートの保存方法をお話ししました。
a0003650_1893583.jpg

焼き菓子はどうしてもオーブンの待ち時間があります。
子供たちが退屈しないように、イチゴの飾り切りをしました。
今回は花の作り方でしたが、クリスマス用に(ずいぶん先ですが)、
モミの木のカットも説明しました。
(この調理室には果物ナイフがないので、大きな包丁でみんながんばりました)

料理は片付けまで。
洗い物までは子供達と一緒にします。
その後の部屋掃除、余った材料(次回にまわせるもの)や道具のチェックなどが、
意外と時間がかかります。
この片付けを今回は、仲間が全部してくれました。
きちんとした道具リストを作ってくれて、本当に助かりました。
お菓子教室は、徹頭徹尾、一人でできることではありません。
a0003650_1894914.jpg

そして撤収。
夕方の石巻はとても冷たい強い風がふきます。
それでも3月、日が長くなりました。
5時過ぎに、北上川に夕陽が落ちていきます。
寒い町も、仲間と一緒に笑っていると、あたたかく感じます。
(石巻在住の仲間に、次の場所まで車で送ってもらいました)

帰り際に、
「次はシュークリームがいい」
とリクエストされました。
次。
やっぱり次があるのかな。
2年目を節目に終えようかなと思っていたのですが。

(つづく)

by moonisup | 2013-03-18 22:54 | volunteer


<< two years gone 04      two years gone ... >>