2013年 05月 28日
2013年 ラファエロ展 上野 国立西洋美術館
a0003650_23102814.jpg

先週、上野国立西洋美術館に、ラファエロ展を見てきました。
平日でも混むと聞いていたので、夕方4時過ぎに入ると、
いくらか楽に見ることができました。

ルネサンス芸術の2大巨人・レオナルドとミケランジェロ。
この二人の作風を研究して、さらなる発展、
ルネサンス絵画技法の頂点を完成させたのがラファエロです。
モチーフ、構図、モデルのポーズまで、
レオナルドとミケランジェロ作品をたくさん真似しているのですが、
圧倒的な画力で模倣者にはならずに、
ルネサンスの3大ヒーローに加わっています。
今回上野に来たのは、代表作ではないのですが、
すさまじい画力で、絵の中に吸い込まれるようでした。
いつかイタリアに行って「小椅子の聖母」を見たいと、
決意新たにしました
(いつのことやら、、、)

公式サイト

次の日曜日6/2までなので、連日相当混雑しているようです。
最終日以外は毎日夜の8時まで展示しているので、
7時の入館ぎりぎりとかだといくらか空いているかもしれません。
(保証の限りではありませんが)
めぼしい絵に狙い付けていけば1時間で充分見られます。

:->

by moonisup | 2013-05-28 23:15 | art


<< そうめんとかクッキーとか      夜空の神宮球場 >>