2013年 07月 13日
Shooting star 02 無盡窯
a0003650_22494576.jpg

JR石巻線・前谷地(まえやち)駅。
ここに迎えてきてくれたのは、
a0003650_2250039.jpg

石巻の友人・遠藤寿哉さん、陶芸家です。
a0003650_22503824.jpg

生まれも育ちも石巻、"まきっ子" の彼とは、
2011年5月に、ボランティアセンターで知り合いました。
事務作業を黙々とこなしていて、
まさか地元の被災者とは思いませんでした。
震災から2ヶ月が過ぎたころで、
まだ町は騒然としていて、
ボランティア仲間も疲労が蓄積していたのですが、
そこでみんなのアイドルだったのが、
彼の子供、当時生後6ヶ月
a0003650_22504965.jpg

たまらん可愛さでした。
人見知りすることなく、みんなに抱っこされていました。
そんな彼もすくすくと大きくなり今は2歳半。
a0003650_2251542.jpg

たくさん一緒に遊んでくれました。

今回の石巻滞在中、ずっと彼の家に泊めていただきました。
(ボランティアセンターでの寝袋生活でなく、布団で寝かさせていただいています)
毎朝6時になると、この子がとっても大きな声で、
「おーじさーん、あそぶよー!」
と起こしにきてくれました。
a0003650_22511857.jpg

食事もご馳走になってばかり。
だと申し訳ないので、たまに台所をお借りして、
僕も好き勝手に作ったりしていました。
a0003650_2251332.jpg

わいわいと、おしゃべりしながらの食事です。
a0003650_22521036.jpg

こんなふうに、元気な友人家族と過ごしていると、
石巻が被災地であったことを忘れそうになります。

遠藤さんとは共通の音楽の趣味があるので、
毎晩2時ぐらいまで話つづけていました。

彼は自分の作陶以外にも、
デイケアサービスでお年寄りに、
また小学校で子供達に陶芸を教えています。
彼のブログにその様子が載っています。

彼は静かに言いました、
「原発の問題には無関心ではいられません。
 石巻の土にずっとこだわって陶芸をしてきたのですが、
 土をカウンターで調べてから使用しています。
 小学生に教える土は、念のため関西から取り寄せています。
 薪もカウンター値は微細なものですが、燃やすと濃縮されるので、
 現在は薪窯でなくガスのみで焼いています。」
目に見える問題、目に見えない問題、
まだまだ多くの課題があります。
a0003650_22535478.jpg

震災後に初めて石巻に来たとき、この踏切線路の上には、
津波で流れてきた自動車が横転したままでした。
今はもう、きれいに整備されてJRが走っています。
梅雨空の下、
北上川も、何事もなかったように静かに流れていました。

この4日間で遠藤さんと、仕事の話、家族の話、趣味の話、
そしてこれからの石巻の話、たくさんのことを語り合いました。
Tom Petty And The Heartbreakersを聴きながら。

(つづく)

by moonisup | 2013-07-13 23:24 | volunteer


<< Shooting star 0...      Shooting star 0... >>