2013年 07月 17日
耕雲亭の登り窯 02
a0003650_2230834.jpg

日曜日 朝3時半起床。
支度をして、4時に登り窯に手をあわせます。
a0003650_22302735.jpg

天草の陶芸家・余宮隆さんの登り窯、
窯炊きの始まりです。
a0003650_22304077.jpg

窯の中はまだこんな温度
a0003650_22305135.jpg

ずっと火の番をする長い一日
a0003650_22311279.jpg

朝5時はまだ真っ暗。
東京に比べると天草は日の出が遅いのです。
a0003650_22313065.jpg

うっすらと明るくなってきました。
a0003650_22314183.jpg

6時すぎに、300度を超えました。
a0003650_22315447.jpg

するとおもむろに、火を少しばかり外にかきだして
a0003650_22323585.jpg

じぶじぶ。
魚焼きます
a0003650_22324995.jpg

朝ご飯
a0003650_2233355.jpg

窯の中はこんな様子
a0003650_22331590.jpg

薪運んで、くべて、火の様子見て、
温度変化をノートに書いて。
ひたすらその繰り返しです。
a0003650_22332764.jpg

昼飯食って
a0003650_22333779.jpg

午後の2時半、睡魔が襲ってきます。
窯の中は1200度を超えました。
a0003650_2233522.jpg

火の番をする場所を、たまに変えています。
a0003650_22341154.jpg

午後4時すぎに1248度
a0003650_22361660.jpg

暑さとの闘いでもあります
a0003650_22365272.jpg

そろそろかな
a0003650_22371230.jpg

何本の薪を使ったことでしょう
a0003650_2238346.jpg

掃き清めて
a0003650_22382540.jpg

午後6時48分
終了です!
15時間の火の番、本当にお疲れ様でした。

この後はお風呂に入って、お寿司を食べて、
10時には眠りにつきました。

(つづく)

by moonisup | 2013-07-17 22:42 | travel


<< 耕雲亭の登り窯 03      耕雲亭の登り窯 01 >>