2013年 12月 10日
A new hope 02 石巻こどもお菓子教室
a0003650_8405690.jpg

2013年12月1日 
宮城県石巻市で、
子供たちと一緒にクレープを作りました。
a0003650_841778.jpg

今回、お菓子教室の先生TAEさんから、
マーマレードをたくさん送っていただき、
ソースを作りました。
a0003650_8424751.jpg

そしてキャラメルも。
ありがとうございました。
a0003650_8432132.jpg

2011年5月から震災ボランティアで石巻に入り、
最初の4ヶ月は避難所での炊き出しなどをしていました。
そこで知り合った子供たち、お母さんたちと話し合って、
お菓子教室をすることになったのが、
2012年2月。
最初はイチゴジャムとパンケーキ作りでした。

2012-02 イチゴジャム、パンケーキ
2012-05 マフィン、パンケーキ
2012-07 白玉フルーツ、ケークサレ
2012-12 リンゴケーキ、クリスマスハウス
2013-03 ガトーショコラ
2013-06 シフォンケーキ
2013-10 クレープ
2013-12 クレープ

2012年は土日で別メニューにしていましたが、
今年は二日間同じ内容にしています。

僕が始めるより前に、石巻には色々なお菓子メーカーから、
本物のパティシエが来て教室をしていました。
とても美味しいものばかりだったそうですが、
各地から本格的な道具と材料が集まり、
再現性を考えると難しい内容だったそうです。
そこで、
・子供が習ったあとに、また自宅でも作れることができる
・仮設住宅の台所にある道具でできる
をテーマに始めました。
材料はなるべく石巻で現地調達(製菓店でしか買えないものは使わない)
道具も、どこでも売っているもの(焼き菓子はすべて紙型を使う)
などに注意しました。
a0003650_8433758.jpg

(写真提供:遠藤さん)

以下はお菓子教室を行うまでの流れです。
・リーダーと日程決め(僕の都合だけでなく現地スタッフさんの日程も確認)
 小学校の行事(運動会など)を考えて、その日は避ける
・作るお菓子決め(小学生でもできるもの)
・案内チラシ製作と郵送(小学生相手なのでメールでなく必ず手紙)
・自宅で試作(その時の問題点とレシピを師匠にメール)
・師匠が自宅で試作(小学生用に工夫)
・僕が師匠のとこに行き、一緒に試作、コツなどを教わる
・あらためて自宅で試作
・リーダーから参加人数の連絡。それによりレシピの材料計算、道具の手配確認
・チャリティーカード製作販売、経費などのご協力を募る
・参加人数分のレシピプリント(難しい漢字にはふりがなをふる)
・仕事関係に連絡、石巻に行く間の撮影日程変更などのお願い
・現地友人スタッフと連絡、スケジュールなどの確認

と、これでようやく出発です。
そして現地でも本番前に必ず試作。

毎回レシピ協力・調理指導して下さった師匠には、本当に感謝です。
プロパティシエではない僕がお菓子教室を行えたのは、
毎回毎回、noli-coさんの指導のおかげです。
そして、カード販売で協力して下さった皆様、
現地で協力してくれた石巻の友人スタッフ、
仕事日程調整して下さったクライアント様、
各方面への調整役のリーダー、
そして不在の間の家族。
本当にありがとうしか言えません。
皆さんあってのお菓子教室でした。
a0003650_8435366.jpg

(写真提供:遠藤さん)

これでしばらく休みます。
実は今回でもう完全に撤退、やめる覚悟でのぞみました。
でもやっぱり終わった後に子供達に囲まれて、
「次はいつ?」「プリンがいい」「ドーナッツがいい」「アイスって作れる?」
と言われると、、、うーん。
「じゃあ、来年の夏休みかクリスマスに、、、」
「えー、すっごい先だー」
「あっという間だよ、半年なんてすぐなんだよ」
a0003650_8443234.jpg

16:17に陽が沈みました。
石巻では、東京よりも11分早く日没がおとずれます。
たった11分ですが、もっと早く感じるのは、
午後3時半すぎると急に寒くなるからかもしれません。
a0003650_8444821.jpg

子供達にさよならを言い、
おむかえにきたお母さんたちと話をして。
何人かのスタッフにはさよならを。
a0003650_845773.jpg

そして僕はまた遠藤さんの家へ。
この日の晩は、牡蠣の炊き込みご飯をいただきました。
この世にこんな美味いものが、、、
感動的な美味しさでした。

実は遠藤さんの奥様は、妊婦さんで、
予定日は12月10日でした。
まだ9日あるから大丈夫だよおいで、
と、泊めていただいたのですが、
この日の夜1時すぎに破水して、病院に行きました。

(つづく)

by moonisup | 2013-12-10 22:58 | volunteer


<< A new hope 03 誕生      A new hope 01 復活へ >>