2014年 07月 21日
For Our Children 04
a0003650_233231100.jpg

3年ぶりの石巻日和山・鹿島御児神社
a0003650_2333281.jpg

震災直後に避難所になっていた湊中学校。
改修工事も終わり、今年の4月から、
通常授業が復活しました。
ここは津波の直撃をうけて、
校舎の2階以下に大きな被害がありました。
避難所になっていて、
炊き出しを何回もした場所です。
でももう、すっかりきれいになっていました。
校舎には外階段が新設されて、
屋上に素早く避難できるようになっています。
a0003650_23351035.jpg

津波が到達した時間でずっと止まっていた大時計が、
正確な時を刻んでいるのを見て、ぐっときました。
(通常の学校に戻っていますので、部外者は入ることができず、
 門の外から撮影しています。休日の夕方で生徒さんはいないようでした。)

a0003650_233614100.jpg

日和大橋を渡って、南浜・門脇地区。
こちらは、すぐ海の場所で、
いまだに草地が広がったままでした。
ぽつりぽつりと、慰霊碑がたっています。
向こうの煙突の煙は、日本製紙工場のものです。

a0003650_23373017.jpg

そして日和山から見える海。
ここにくるのは3年ぶりです。
a0003650_2338179.jpg

震災直後に、仲間に連れてきたもらったのですが、
そこからの光景を見ることはちょっとできなくて、
避けていた場所です。
a0003650_23383848.jpg

ようやく再訪して、再び手をあわせることができました。
初夏の気持ちいい風が吹いていて。
七夕飾りがあり、
子供達が駆け回っていて、とても"日常"でした。
3年。
長いような短いような、色々なことがありましたね。
まだ過去形にできないこともあります。
a0003650_2339439.jpg

さて、そろそろ初夏の石巻から、東京に戻る時間です。
石ノ森漫画館に寄って、
仲間の車で仙台駅まで送ってもらい、
仙台駅で友人に会って、駅ビルで寿司食べて。
同じ宮城県なのですが、
仙台駅に戻ると、なんだかリセットされる気がします。
a0003650_23402355.jpg

夜の新幹線で東京に戻りました。
今回も、多くの仲間の手助けがありました。
心より感謝です。

昨年の12月で、石巻でのお菓子教室は終える予定でした。
毎回参加している子供たち、お母様から、
年賀状の返事をいただき、
また来てね、次はなに?
と書かれていたので、この7月に行いました。
最初に避難所で知り合った子供達、
一番最初に一緒にお菓子を作った子たちは、
すでに中学生になっていて、
部活などが忙しく、今回は参加できませんでした。
現在の5年生チームが、次の春で6年生になります。
そして、その春には新しい公民館ができる予定です。
その時にまた、、
どうするかは、、、
これからゆっくり考えます。

(2014年7月の石巻活動報告を終わります)

by moonisup | 2014-07-21 23:44 | volunteer


<< 2014夏 チャリティー・ポス...      For Our Childre... >>