2005年 10月 01日
カメラのかまえかた
 「デジカメって手ぶれおきやすいの?」と、最近、よく友人に聞かれます。
答えは「ノー」です。
カメラ全般、ぶれやすいのです。
デジカメで手ぶれする人は、フィルムカメラ時代から、手ぶれしていたのです。
気がつかなかっただけです。
フィルムカメラの頃は、サービスサイズ、大きく伸ばしても年賀状サイズでした。
ところが、デジカメだと、プリントしなくても、PCのモニターで見るわけで、
ノートでも12インチ、デスクトップだと17インチ以上とか。
サービスサイズのプリントに比べると、拡大率がすごいですね。
なので、ピントがあっていないとか、手ぶれしているとかに、気がつきやすくなります。

さて、カメラの構え方、基本編です。
a0003650_2231337.jpg
カメラを左手で持ちます。手のひらの上に置くようにして。
a0003650_22314358.jpg
右手でしっかりとホールドします。
この時、脇はしめましょう。左手は、自分の胸につけるように。
a0003650_2232226.jpg
横から見るとこんな感じ。
a0003650_2232439.jpg
これが悪い例です。
両手でわしづかみにして、脇があいてしまう構え方。
両腕、両手で、カメラを包み込むようにして、しっかりとホールドしましょう。
これだけで、ずいぶんと手ぶれ写真を減らすことができると思います。
:->

by moonisup | 2005-10-01 22:35 | camera


<< 10月の真夏日      クリームシチュー >>