2017年 05月 05日
travelling riverside blues
a0003650_23265009.jpg
2017年4月20日
仙台、2泊3日の旅もあっという間に終わり。
a0003650_23270784.jpg
仙台の友人たちと市内でランチを食べて。
ではまたね、と仙台駅でお別れ。
a0003650_23273185.jpg
帰りもまた、各停列車で。
車窓から見える桜も、すっかり終盤、
はかないものです。
だから、毎年どっかしらで桜を撮っているのかもしれません。
a0003650_23280923.jpg
停車駅から見える蔵王の山々、
まだ雪が残っていました。
a0003650_23282378.jpg
a0003650_23283174.jpg
a0003650_23284503.jpg
作詞家の阿久悠先生の言葉ですが。
「戦後日本は、大急ぎで歩いて、時には走ってきました。
 本来の歩幅が60cmだとすると、無理に80cmで歩いたのです。
 そうすると、60cmと80cmの間にあるものを、ずいぶんと見落としてしまいます。
 その見落とした物を見つけるのが、我々作詞家の仕事だと思います。」

今から30年前・アシスタント時代に、
師匠のカバン持ちで、うかがった時に聞いた言葉です。
歩幅の数字など正確な記憶ではありませんが、
ずっとこのことは頭の隅にひっかかっています。
そんな物を写真に撮りたいと、ずっと思ってきました。
a0003650_23292616.jpg
今回の各停旅をするにあたって、
iPadにいつもより多くの電子書籍を入れてきましたが、
1冊も読みませんでした。
車窓からの景色をぼーっと眺めて、
眠って、まわりの人の方言の変化を聞いて、
たまに思いついたことをメモして。
予想以上に楽しい旅でした。
また夏になったら、各停旅をしたいと思います。
:->





by moonisup | 2017-05-05 23:31 | travel


<< 月とタワーと鯉のぼり      鹽竈神社(しおがまじんじゃ)の桜 >>