2006年 07月 16日
「という、はなし」「にょっ記」
3連休なんですね。
子供の友達が、うちに泊まりにきています。
僕はこの三日間ずっと仕事です、、、

おすすめ本です。
大好きなイラストレーター・フジモトマサルがらみで、二冊。
a0003650_21572693.jpg

「という、はなし(フジモトマサル・絵 吉田篤弘・文 筑摩書房)」
筑摩書房のPR誌『ちくま』での連載を書籍化したものです。
動物を擬人化させたイラストで有名なフジモトマサルの絵に、
吉田篤弘がテキストをつけたもの。
テーマは「読書のある風景」
普通は、テキストが先で、イラストが後ですが、
これはイラストが先です。
フジモトマサルの絵からは、色々な物語が想像できるのですが、
この本の文章は、くすりと笑ってしまうような素敵な物語ばかりで、
読んでいて愉快な気分になれます。
いいですねえ、自分の写真に、こんな文章をつけてもらったら、
とても幸せだと思います。
(僕の写真の力量は不問ということで。)

もう一冊は「にょっ記 (穂村 弘・著 フジモトマサル ・挿画)文藝春秋」
これは、『別冊文芸春秋』に連載されていた穂村 弘のウソ日記。
淡々と描かれている世界は、起承転結もオチもなく、
ただ、くすりと、面白いです。

どちらも、のんびりしたい気分の時に、おすすめです。
:->

by moonisup | 2006-07-16 21:58 | books


<< stonesのチョコレート      男子の手料理・イモとハム >>