2006年 09月 12日
ボタニカルアート・レッスン
やっと、イギリス滞在二日目の話です。
a0003650_14341449.jpg
渡英する2週間前に、こちらの記事を読んで、
ボタニカルアーティスト・山中麻須美さんのサイトを知りました。
植物画教室を主宰されているということを知り、急ぎ問い合わせをしてみました。
自分の仕事、なぜ習いたいか、何を習いたいか、
を書いて、メールをお送りしたところ、
急な申し込みにも関わらず、日程調整も含めて、快諾いただきました。



僕は過去に絵のレッスンを受けたことはなく、およそ絵の上手な人間ではないです。
それでも、色々なことが仕事で必要になってきて(絵を描くわけではないのですが)。
最初、先生に色々とお話して、質問項目(箇条書きで30になりました(^_^;))を、
ざっとお伝えして、
「まあ、描いてみましょう」と。
デッサンや構図のポイントを習いながら、さっそく描いてみました。
真っ白い紙に、鉛筆をいれていくのは、とても楽しかったです。
a0003650_144186.jpg


少し描いてから、お昼をいただきました。とてもおいしいかったです。
レシピまで教わった、ずうずうしい生徒です。
a0003650_1435228.jpg
球体を描くこと。
やっぱり、むずかしいです。
そして
a0003650_22422366.jpg
僕が知りたかったことを、次々に教えて下さいました。
(円、球体の撮影が、いまだに上手にできないので、今後の糧にしたいと思っています)

根を詰めて描いていると、
「休憩しましょう」
と、お茶を下さいます。
a0003650_22425761.jpg
絵を描く、とか、Photoshopの作業は、ついつい集中してしまいますね。
気がつくと、1時間や2時間、同じ姿勢というのが、しょっちゅうです。
お茶を飲むというのは、創作には、本当に大切なことだと再認識しました。
a0003650_22433411.jpg
本当は6時間(昼休み・休憩含み)の予定でした。
それを大幅に時間オーバーしての、レッスンになりました。
僕の質問が多かったので、通常の1回目・課題だけでなく、
3回分を一日で教わったのでした。
とにかく描きおわるまで、終わるわけにいかず(ツーリストなもので、、)。
完成したのは、夜も遅い時間になってしまいました。
a0003650_22483023.jpg

遅くまで、本当にありがとうございました。
最後、額装していただいた時は、とても嬉しかったです。
a0003650_22491226.jpg
これが、この日に描いた僕の作品です。
(うまい下手は、不問で)
「初心者にしては、上出来」と
お褒めの言葉をいただきました。
途中、描いている間、先生は、何度もほめて下さいます。
そして、間違い(たくさんありました)を、さりげなく教えてくださるのです。
「そこ、ここの線、すっごい上手、いいわー、素敵素敵、
 ここだけ、ちょっとなおしてみましょうか」
と。
そうすると、あと少し頑張ってみよう、あと少しと、
本当に長い時間になってしまいました。
a0003650_2250044.jpg
たくさんの質問に、ていねいにわかりやすく答えていただき、本当にありがとうございました。
たくさんのことを学ぶことが出来ましたので、
今後の仕事に作品に、いかしたいと思っています。

レッスン中に先生がかけてくださってCDが、ことごとく僕の好きなものばかりで、
simply redからバッハまで、それもまた楽しかったです。
おいしいご飯、おいしいお茶、すてきな音楽、適切な指導、
本当に素晴らしい一日でした。

kagatas-tableさんの記事にも、教室の様子が書いてあります。
:->

by moonisup | 2006-09-12 22:38 | travel


<< PAUL South Kens...      朝のやきたてスコーン >>