2006年 09月 15日
Primrose Hill -between the buttons-
a0003650_2325129.jpg
ロンドン滞在三日目の午前。
この記事はひたすらロック話です。



友人とPaulのパンをたらふく食った後、ホテルを後にします。
別のホテルに泊まっている友人たちと、地下鉄St.John's Wood駅で集合。
集合時間に、遅れたオヤジ達です、hちゃん、kちゃん、すんませんでした。
さて、日本人4人が、この駅前で地図を広げていると、
親切なご婦人が教えてくださいます、
「アビーロードなら、あっちよ」
ありがとうございます、でも違うのです。
僕たちは、プリムローズ・ヒルを探していました。
何も考えず、班長の後についていきます。
acacia roadをすすみ、どんつきavenue roadを右へ。
prince albert roadにでたら、しだりへ。
方角的には、大きな公園・Regent's Parkの北にあります。
a0003650_2315222.jpg
おお!、
途中、こんな道路を見つけて、全員でおがみつつ、記念撮影。
いえ、別にthe whoとは、関係ないと思うのですが、、
プリムローズ・ヒルは、駅からかなり歩きます。
20分以上はあるいていました、高級住宅街を日本人4名、延々ばか話しながら。
僕らの会話のノリは、ほとんどが、「8ビート・ギャグ(by 志摩あつこ)」です、
いつでも、どこでも。
(これでわかったあなた、放課後音楽室に来るように)

そして、「動物園こっち」の標識を無視して、歩いていくと、
a0003650_23201897.jpg
プリムローズ・ヒルです。
ここは、ストーンズのアルバム「between the buttons」のジャケット撮影の公園です。
レコーディング中の早朝、ストーンズの5名は気分転換に、この公園にでかけました。
その時に同行したカメラマンが撮影したカットが、ジャケットを飾りました。
そのカメラマンの名前は、Gered Mankowitz
名前は知らなくても、60年代ブリテッシュロックファンなら、写真は見たことがあるかもしれません。
a0003650_23243229.jpg
「日本晴れだねぇ、、」
誰かがつぶやきました。

ビートルズ「fool on the hill」の曲名もこの公園から、と言われているそうです。
a0003650_2325497.jpg
とても美しい公園でした。
写真を撮り、感慨に各自ふけった後に、Waterloo駅へ。
別の友人2名と合流。今回のストーンズ観戦6名が集合。
そして、ここで僕だけ別行動。
みんなは、ダートフォードのミックの生家に行きました。
a0003650_23282132.jpg
僕はユーロスターの切符を買うべく、奔走します。
ぎりぎりまで、何もしていなかったので。
ホテルの予約もぎりぎりでした。
思えば、パリでの試練は、すでにはじまっていたのかもしれません、、
(つづく)
:->

by moonisup | 2006-09-15 23:08 | travel


<< レーズンスコーン      「刺しゅうで描くまいにち」展示... >>