2006年 09月 17日
レーズンスコーン
焼き上がったばかりのスコーンをふたつにわって、
バターをつけて再びはさむ。
ほどなく開けると、バターがまぶしく溶けている。
「幸福」のにおいがする。
a0003650_22491898.jpg
スコーンもバターもジャムも、あっけらかんとして、でも重い。
ふたつみっつのスコーンぐらい、と思うけど、
すぐにお腹がいっぱいになってしまう。
存外たくさんは食べられない。
a0003650_22493417.jpg
それなのに、スコーンは、かそけき味がする。
通り過ぎた時間が戻らないのに不思議はないけれど、
お腹のなかで、食べたスコーンを感じつつも、
舌はすでに別の味を模索している。
a0003650_22515238.jpg



日曜日の朝、スコーンを焼きました。
先週に続き、2回目です。
今度はレーズンを入れてみました。
無塩バターではないので、塩なしで。
なんとなくですが、前回よりもおいしく焼けた気がします。
焼いて&写真を撮る、というのは、難しいものですね。
どちらかだけにしたいと思いました。
次は「紅茶のスコーン」に挑戦してみます。
さて、うまくいくかどうか、、
:->

by moonisup | 2006-09-17 22:52 | sweets


<< Royal Academy o...      Primrose Hill -... >>