2006年 10月 18日
ナショナル・ギャラリー・ロンドンとプレタ・マンジェのパン
ホテルの部屋からは、夏の空模様。
a0003650_23103247.jpg
ロンドン旅行記・6日目です。

すでに10月も半ばすぎですが、まだまだ8月の旅行記は続きます。

さて、8月のロンドンでは、連日好天にめぐまれました。
a0003650_2311245.jpg
地下鉄に乗って
a0003650_23114416.jpg
ロンドン市内某所で、ユーロスターのチケットをやっと購入しました。
ユーロスターは、早めにネットで買うのが一番安いのですが、
ぼーっとしていたら、渡仏6日前、すっかり定価の140ポンドです。
奔走しまして、なんとか81ポンドで売っているところを探しました。

一安心して、ナショナルギャラリーへ
The National Gallery, London(公式サイト)
a0003650_23134574.jpg
あまりにも広い美術館なので、地図なしでは歩けません。
10カ国語ぐらいの地図があります。
一日で全部の絵を見ることはできないので、見たい絵だけを選び駆け足で。
a0003650_2318775.jpg
真っ先に見た部屋は、レンブラントの部屋。
もっとも好きな画家の一人。
そして、このギャラリーには大きな展示部屋があり、
彼の絵が20数点も飾ってあります。
そして、その部屋はがらがら。
この中の一枚でも上野に来たら、長蛇の列でしょう。
3年前に来たときも、レンブラントの部屋は空いていました。
この巨大なギャラリーで常時混んでいるのは、ターナーの部屋です(笑)

ダ・ヴィンチのコーナーはとても混んでいました。
「岩窟の聖母」をルーブルのと比較しているのでしょう、
映画の影響は大きいですね。

サンドロ・ボッティチェッリも大好きな画家です。
ここにはVenus and Marsがあります。
本当にうっとりするような美しい女性たちが描かれています。
いつの日か、フィレンツェのウフィツィ美術館に行って、
「春」と「ヴィーナスの誕生」を見たいものです。

学芸員らしき人が、高校生の団体に絵の解説をしていました。
「パッションブルーとチャイニーズブルー。
 この絵の具の違いで、制作された時代がわかります。
 絵の具の成分を科学的に見ることで、今まで言われていた制作年代が、
 間違っていたことがわかります、」
、、、まあ、そうなんだけど、
美術館は研究者を育てるとこなのかなぁ、、、

a0003650_23285347.jpg
さて、この日は、夜にストーンズのライブがあります。
連日の過密スケジュールでかなり疲労がたまっていたので、
早々にホテルに戻り、昼寝をすることにしました。
今回気に入って数回行った、サウスケンジントンのパン屋さん、
pret a manger プレタ・マンジェ
店員さんは親切だし、パンはおいしいし、で、気に入りました。
チェーン店なので、あちこちにあるようです。
自然食とお店にも書いてありました。
紙袋がかわいくて、片面に素材、反対側には色々なレシピが書かれています。
a0003650_23311842.jpg
ホテルの部屋で紅茶をいれて
a0003650_23313454.jpg
チョコのクロワッサンとか
a0003650_23365295.jpg
クラブサンドイッチ(好物)とかを食べました。
a0003650_23375249.jpg
昼寝しようとしていると、掃除の女の子がきました。
「えーと、これから寝るから、夕方にはコンサートにでかけるから、
5時以降に掃除お願いします」
「あたしの仕事は4時までなのよ」
「掃除は何分ぐらいかかるの?」
「20分ぐらい」
「えーと、3時半に来てもらえますか?」
「オッケー」
a0003650_23382160.jpg
ベッドサイドにいつも少額ですが、チップを置いていました。
同行している友人と相談して、
「何かの時に融通が利くかもしれないから、少しでも毎日おこう」
と決めたのです。
そしたら、この日は、メモに、
Thanks too
と、顔文字つきで、彼女からの返事が書かれていました。
なんとなく気分がいいものです。

(次は、ストーンズのライブ二回目、前座はシャーランタンズです)

:->

by moonisup | 2006-10-18 23:39 | travel


<< the rolling sto...      Christmas cake ... >>