2006年 12月 04日
Castle Coombe カッスルクーム
a0003650_2220265.jpg
the manor house hotelのあるカッスルクームは、
イギリスで「もっとも古く美しい村」と言われているそうです。



a0003650_2220556.jpg
これは、マナーハウスホテルの別館コッテージ。
次(があれば)は、ここに泊まってみたいです。
a0003650_22211175.jpg
ホテルの敷地を外にでると
a0003650_22213589.jpg
静かな、そして美しい村
a0003650_22215966.jpg
のんびりと歩いても、端から端まで15分ぐらいでしょうか。
a0003650_22221113.jpg
雑貨屋さんでポストカードを買いました。
僕が買い物をする時、まりなちゃんが、いつも手伝ってくれます。
イギリスのコインに不慣れな僕にかわって、すぐに小銭を選びだしてくれます。
ありがとう、嬉しかったよ(^_^)
a0003650_22233143.jpg
小雨がぱらついてきました。
コッツウォルズ旅行の二日間は、本当に好天に恵まれて、
出発した時と、帰る時に、少し雨がふっただけ。
エルビス、アンナちゃん、ずっと車の中で待っていてくれてありがとう、おまたせ。
おかげさまで、楽しいアフタヌーンティーでした。
a0003650_2224198.jpg
来たときと同じハイウェイに乗って。
a0003650_2224177.jpg
コッツウォルズで、僕はたくさんのものを見て、感じて。
そして、たくさんのことを思い出しました。
a0003650_22243354.jpg
長い旅を彼は「安全&安心」で包んでくれていて。
帰りの車の中で、彼はたくさんの話をしてくれました。
仕事の話。
勉強の話。
そして、彼の父の話、彼の祖父と祖母の話。
僕はもうこの家族に遠慮する気持ちはなくなっていて、
流れる涙をかくすことなく話を聞いていました。
おじいちゃんとお父さんの話、
おじいちゃんとおばあさんの話、
今でも、東京に戻った今でも、ふっと思い出して、
突然泣いてしまうことがあります。
a0003650_22251475.jpg
バンクホリデー、金曜日の夕方。
車の数は多く。
a0003650_22253396.jpg
夜が近くなる時間。
8月後半のイギリスは、日没後、急に冷えこみます。
車の窓ガラスの外は、冷たい空気が流れていて。
でも、僕たちは、あたたかい車の中に守られていました。
あたたかいシートを二日間、わけてくださって、本当にありがとう。
4人の空間に、僕がいたのが我ながら不思議な感じでした。
a0003650_22255515.jpg
さあ、おうちにかえろう。
:->

by moonisup | 2006-12-04 22:31 | travel


<< イギリスの休暇・スコーンを習う日・1      Apfelkuchen ドイツ... >>