2006年 12月 21日
Musée de la Vie Romantique ロマン派美術館
a0003650_22424164.jpg
モロー美術館のあとに、ロマン派美術館に行きました。



a0003650_22442135.jpg
パリ9区は、坂が多い気がしました(気のせい?)
a0003650_22451161.jpg
パリのポストは黄色いです。
赤いポストとはまた違う感じで、目立ちます。
a0003650_224667.jpg
わーわー、世界共通ですねー。
旅行中運転は一度もしていませんけど、見ると、どきっとします。
a0003650_22472343.jpg
モロー美術館から歩いてすぐ、ロマン派美術館に着きました。
ここのテラスでお茶を飲んだり、ランチが素敵ですよ、
と、渡仏前にコメントで教えていただいたので。
ところが満席です。
とても静かな場所で、のんびりとできます。
モロー美術館での知恵熱をさますべく、ベンチに座って。
カフェは空席がでる雰囲気でもなく(ならんで待っている人がいる)、
せっかくだから中の展示を見ました。
a0003650_22535947.jpg
ガイドブックを見ると、ここは絵だけでなく、ジョルジュ・サンドなどのゆかりの場所で、
手紙や遺品が見られるとのこと。
へー、、、、フランス語わからんです、、どれが、誰の遺品なのやら(T^T)
ショパンの懐中時計?
いや、違う、サンドの子供の?
うーん、、、
本によると、サンドとショパンが同棲していた家がここの近所らしいのですが、
空腹だったので、また別の機会に。
a0003650_22574875.jpg
展示室をでてカフェをのぞいたのですが、空席がでる様子もなく。
またの機会に(こればっかり)
a0003650_22583964.jpg
8月30日、パリは暑かったのです。
a0003650_22591136.jpg
おしい!
a0003650_22593556.jpg
モンマルトルまでのぼってきました。
映画「アメリ」の舞台になったカフェがあるというので、、、
すぐに見つかりました、、が、、外まで並んでいる、、、
あきらめて、どこか食べるとこを探します。
2時過ぎですが、どこのカフェも満席。
クリシー大通りを、ビガール駅の方向に東へ。
ここはポルノショップばかりでした。
首からカメラさげた東洋人の男が一人で歩いていますからね、、
「hello、你好、コンニチワ」
全部言うな(笑)、客引きがすごいです、
a0003650_2352055.jpg
ピガール駅近くのカフェに避難。
チキンサンドイッチ。とてもおいしかったです。
(本当に巨大で、食べきるのに一苦労)
お茶をのんで、一休み。
さて、もう一度引き返してモロー美術館に行くべきか。
それともオランジュリー美術館に、「睡蓮」を見に行くか。
しばし、窓の景色を眺めながら、ぼっーとしていました。
:->

by moonisup | 2006-12-21 22:43 | travel


<< 冬至の夜に ろうそくの光      Musée national ... >>