2006年 12月 23日
Musée de l'Orangerie オランジュリー美術館とチュイルリー公園
a0003650_23332315.jpg
パリのMusée de l'Orangerie オランジュリー美術館に行きました。
8月末の暑い日に。



a0003650_23344666.jpg
コンコルド駅の近く
a0003650_2337933.jpg
チュイルリー公園の中にあります。
a0003650_2339187.jpg
a0003650_23373825.jpg
入館するのに並ぶこと30分。
a0003650_23404887.jpg
昔ここは宮殿の温室だったそうです。
モネの大作「睡蓮」を展示するために美術館として整備されました。
そして99年から2006年の5月まで長い改装工事。
リニューアルしたというこの美術館で「睡蓮」を見てきました。
入り口入ってすぐに、「睡蓮」の間があります。
この部屋には人工の照明はなくて、
天井からさしこむやわらかい光の下で
a0003650_23434864.jpg
360度ぐるっと「睡蓮」に囲まれます(泣くオレ)
a0003650_23445324.jpg
二つの「睡蓮」の間があり。
特に奥の部屋が気に入りました。
1時間ほど、ぼーっと。
天井からさしこむ光が変わると、外の天気が変わると、
絵の中の睡蓮も色がかわるように見えます。
うっとり。
なんてぜいたくな。なんてきれいな。

展示室は他にもあり、すばらしい作品が展示してあるのですが、
やはりまた「睡蓮」の間に戻ってしまいます。
長い時間絵を眺めて、おなかいっぱいになり、睡蓮のキャンドルを買って、外にでました。
(ここもまた来たい)
a0003650_23502644.jpg
チュイルリー公園は、とても美しい広い公園です。
a0003650_23505960.jpg
初めてくる場所なのに、知っている気がしました。
ブレッソンをはじめパリの写真家たちの作品を、ずっと憧憬していたので。
a0003650_2353790.jpg
やっぱりモノクロで。
初心者は巨匠の真似から、たくさん学びとろうと。
a0003650_23552828.jpg
夏休みなんですね。
にぎやかな声にあふれている公園です。
a0003650_23563252.jpg
公園内のオープンカフェで休憩。
a0003650_2357025.jpg
「おまけのチョコが絶品」
と日記に書いてあるのを、今頃見つけて、なつかしい気分です。
:->

by moonisup | 2006-12-23 23:39 | travel


<< クリスマスの酔っぱらい      冬至の夜に ろうそくの光 >>