2007年 02月 03日
しっぱいタルト
a0003650_8473099.jpg
、、、、、たべかけではありません。
盛りつけた状態、、、、アップルタルトです、、、
わはは、でえしっぱい



前回市販のパイ生地で焼いてみて、今ひとつだったので、
今回は生地から自分で焼くことに。
「オレ様が焼けばうまいにきまっている」
という、まったく根拠のない自信が、突如天からふってきて、
本を見ながら焼いてみました(本の名誉のためにあえてレシピ元は書きません)。
レシピにかなり忠実に、冷蔵庫で寝かせる時間を守り、
麺棒で伸ばす時くっつかないようにラップごしにしたり、
それでもくっつく場合は、また冷蔵庫へ、と。
それでも生地はラップにこびりつき、まったく離れなくなって。
ええい、と指で強引にひっぺはがし、ねりねりと皿へ。
で、強引に焼いたら、
a0003650_8504924.jpg
、、、すっかりやさぐれて、得意の「なかったこと」に。
夕飯を作っていると子供が帰ってきて、
「なにこれ?」
「タルト、しっぱいしたの」
「こっちは?」
「リンゴのフィリング。バターと砂糖で煮たの、おいしいよ」
「うまい!」
「これをあの生地にのせて焼くつもりだったの」
「やかないの?」
「うん、なんかだめだから」
「だいじょうぶだよ、おとうさんのつくるものは、いつだっておいしいよ、
 きっとうまくいくよ」
「、、、(T^T)、、、わかった、やくよー」
君は本当にいい子だなあ。
大きくなって女の人と暮らすようになったら、今の台詞を毎日言ってあげたり、
言ってもらえるようになるといいね。
夕食後に焼きました。
a0003650_8521691.jpg
「おいしそうなにおいだねー」
「ナイフできりわけて、、、、きれない、、」
a0003650_8531230.jpg
やっぱり駄目。
生地がもう、花崗岩のようになっている。
リンゴの部分だけはおいしくできてたので、
「、、すまん、リンゴをスプーンですくってくっつくれ」
「しっぱいは、せいこうのもとだよ、つぎはうまくできるよ」
と子供になぐさめられました。
つぎねぇ、、、
パイとかタルトだけのクッキングスクールがあったら行きたい気分。
テキストだけでこれ以上焼くのは無理。
:->

by moonisup | 2007-02-03 08:57 | sweets


<< 節分      湯豆腐 >>