2007年 02月 17日
はじめてのシフォンケーキ
a0003650_2141045.jpg
一番好きなケーキは、シフォンケーキだ。
シンプルな生地だけの、クリームもいらない。
ふわふわの生地が好き。
それはあまりにも現実離れしていて、夢のような食べ物だと思う。
パンのような力強い歯ごたえもなく、でも綿菓子よりは心強い。
おいしいシフォンケーキは、僕をしあわせにする。
a0003650_21421319.jpg
「ご自分で焼いてみては?」
「とても無理です、あんな繊細なもの、僕には作れません」
「シフォンケーキは、あまり繊細ではないです。
 どんな食べ物でも繊細に作ろうと思えば大変だし、大雑把に作る方法もあります」
a0003650_21432583.jpg
友人からの助言は、レシピ本よりも勇気をあたえてくれる。
100円ショップで買った紙の型を使い、そのオマケについていたレシピで焼いてみた。
a0003650_214527100.jpg
オーブンからでてきたケーキは、日だまりで干した布団のように、
やわらかかかった。
幸せは焼き上がりの匂いではなくて、'あつい!'という焼き上がった状態だ。
冷めてから紙の型にナイフを入れて、
ゆっくりとゆっくりとはがす時は、とても愉快な気持ちだった。
ふわふわの生地は、はかない感じがするけれど、見た目よりも弾力があって、
ナイフで切るより手でちぎって食べる方がおいしかった。
口の中に広がる食感とほのかな甘さは、幸せそのものだった。
:->

by moonisup | 2007-02-17 21:49 | sweets


<< チョコレートケーキ      ルピシア プチ缶ティーバッグコ... >>