2007年 03月 08日
エビのソテー・フランス料理  のようなもの
a0003650_1493770.jpg
昨年の8月にパリでたべたエビが忘れられなくて、帰国してから、何度か再現しようと試みました。
まあ、僕がフランス料理など作れるわけもなく。




a0003650_14105715.jpg
図書館でフランス料理の本を何冊か借りて、一番簡単そうなものを。
どの本というのではなくて、これはいくつかあったレシピからです。
調味料などはすべて違うのですが、
 フライパンにオリーブオイルをいれて、そこにローリエの葉を10枚ほど。
 色が濃くなるまで、オリーブオイルに香りをつけて。
 縦割りにしたエビをおいて、殻を利用した蒸し焼き状態で調理します。
本物は、塩とかスパイスとか無限のこだわりがあるようですが、
まあ、できる範囲で適当に味付け。
何度か自宅で作って、わりと好評。
でも、何かが足りなくて、近所に住む友人に相談しました。
a0003650_1411972.jpg
彼とは共通項が多く、Mac、クラシック音楽の師匠でもあります。
お酒と料理が大好きで、家族ぐるみで集まってはいつも何かしら作って食べています。
この日は僕が最初にエビのソテーを作って、試食していただき。
てがかりはこの1枚の写真のみ(笑)
a0003650_14112680.jpg
これを二人で見て、あーでもない、こうでもないと。
そして、再びキッチンへ。
a0003650_14115254.jpg
お父さん二人が台所で遊んでいる間、子供たちは野球盤であそんでいました。
a0003650_14122018.jpg
試行錯誤の結果
a0003650_14123542.jpg
パリの味とは違うのですが、おいしいエビーのソテーができました。
a0003650_14125142.jpg
子供達もご満悦。

ちなみに、この後日に、自宅でもう一度ためしましたが、
有頭エビで作った方がおいしいです。
そりゃそうか。切るのが大変ですけどね。
エビのソテーは定番料理になりつつあります。
調理のポイントなどご存じの方いらっしゃったら、ご教授下さいませ。
:->

by moonisup | 2007-03-08 14:13 | food


<< ドライトマトと玉ねぎの無発酵パン      4年目のはじまり >>