2007年 04月 09日
「北イタリアの食卓 うちの食卓 Non solo italiano」
a0003650_22184739.jpg
ブログ「うちの食卓 Non solo italiano」の本が、発売されたのが金曜日。
アマゾンから届いたのが土曜日、
材料を集めて、さっそく日曜日に2品作ってみました。
a0003650_2227174.jpg
ポルチーニなんて使うのはじめてです。
a0003650_22271359.jpg
"ガルガネッリ ポルチーニソース(31頁)"
レシピって、すごいですね、たった数行なのに。
特別なものは、ポルチーニだけ、あとは普段使っているものばかり。
それなのに、本当においしいパスタが作れました。
1時間もかからないで、お店で食べるようなおいしい味!
とても簡単でした(僕にできるぐらいですから)。
a0003650_22345863.jpg
ぐるぐるぐる、、、タリアテッレ
名前すら知りませんでした、こんな麺があるんですねー。
a0003650_16105233.jpg

"生ハムとそら豆のパスタ(43頁)"
こちらはもっと簡単、特別な材料もなし。
生ハム、そら豆、生クリームがあれば、すぐに作れます。
大人味かと思ったのですが、どちらのパスタも、子供がたくさん食べました。



Dall'unghia si conosce il leone 爪を見ただけでもライオンだと知れる
a0003650_2238452.jpg
僕がブログ「うちの食卓 Non solo italiano」を知ったのがいつかは覚えていませんが、
素敵な写真の数々に、ずっと感心していました。
そんな時に、05年10月1日のこの記事の一枚目の写真は、衝撃でした。
プロフォトグラファーではない方が、こんなにすごい写真が撮れるんだ、と。
専門的な話は控えますが、これを撮るのがどれだけ難しいことか。
そして、決定打は、06年3月1日の記事の写真
僕は自分のアトリエでこの写真を再現しようと色々と試しました。
ライティングを変え、構図を変え、レンズを変えて。
とても難しかったです。
この写真、写真学校の卒業課題にしてもいいぐらい難しいのです。
後でわかったのですが、t-fortunatiさんは難しいことは考えずに撮影をしていたようです。
そう、難しいというのは、カメラや写真の知識とは関係のないことです。
a0003650_22454619.jpg

一眼デジカメビギナー@食べ物ブロガーの方へ。
この本にある写真どれでもいいので、真似してみることをおすすめします。
「真似=盗作」ではありませんよ。
習字と一緒、最初はお手本を見ながら書くでしょう。
いい写真を真似すると、色々なことが見えてきます。
多くのことを学べます。
(僕も色々なブロガーの写真を真似しています)
と言っても、ビギナーには難しいかもしれません。
少しヒントを。
1.光がどこからあたっているか常に考えましょう
2.料理をよく観察しましょう、一番おいしそうに見える角度を見つけましょう
3.構図を工夫しましょう。お皿は全部うつす、それとも部分だけ?
4.色を考えましょう。料理、お皿、背景、配色のバランスを。

もちろん僕は、t-fortunatiさんがどんな風にして写真を撮っているかなんて、
知るよしもないのです。イタリアに行ったことないし(行きたいなー)

たくさんたくさん撮りましょう。
写真はビデオではないので、ずっといい状態を保つ必要はありません。
10枚でも100枚でも1000枚でもいいのです。
999枚駄目な写真ばかりでも、1枚だけいい写真があれば、それでいいのですから。
たくさん撮っていれば、いつかきっと素敵な写真が撮れます。
(自分にいつもそう言い聞かせています(笑))
Roma non fu fatta in un giorno ローマは一日にしてならず
ですね。
:->

by moonisup | 2007-04-09 22:27 | food


<< Primavera Itali...      イースターエッグ2007 >>