2007年 04月 15日
デジカメ講座 ホワイトバランスについて
デジタルカメラ初心者向けの講座です。
今日はホワイトバランスについて、簡単に書いてみます。
a0003650_20384455.jpg
デジタルカメラにはホワイトバランスという設定があります。
ほとんどの方は、オートで使っていると思います。
それで問題ありません。
でも、それはどんな機能なのか、またこんな使い方もある、という例を紹介します。



a0003650_2183463.jpg
前回の記事で、色温度の事を書きました。
朝や日陰の光は青く、電球の光は黄色く見えます。
どんな光の条件下でも、「白」が「白」に写るように設定するのが、ホワイトバランスです。
上の図でいうと、上から1,2,4の写真を、3番目の写真の色に写す設定です。
実際の作例を見てみましょう。
a0003650_20403564.jpg
これは、曇天の朝に窓辺で撮影した写真です。
この写真のホワイトバランスは「オート」です。
若干、青く写っています。
a0003650_22521856.jpg
テーブルの上のアップ。
ホワイトバランス「晴天」のままでは、紙ナプキンの部分が青くなっています。
ホワイトバランスを「曇天」にしたほうは、紙ナプキンの青みがとれて、白く見えます。
a0003650_20412210.jpg
これは蛍光灯の下で撮影した写真。
左が「晴天」モード。
蛍光灯は、緑色方向にくすみがちです。
そのため、ホワイトバランス「蛍光灯」モードは、マゼンタ方向の補正がかかります。
わかりやすいように、露出を暗めにしています。
右の写真、お皿の部分が補正されて、だいぶ白く見えます。
a0003650_20414180.jpg
これは電球の下で撮影した写真。
夜のレストランとかで料理を撮ると、左のような写真になりがちです。
右の写真がホワイトバランスを「電球」モードにした写真。
(まだ少し黄色が残っています。)

こんな感じでホワイトバランスは、
被写体を太陽下で見た正確な色に近いように、補正するための機能です。
商品撮影などプロの現場では、特に正確な色再現が要求されます。
でも、こんな例もあります。
a0003650_2129393.jpg
僕の見た目には、下の真ん中「曇天」ぐらいの感じでした。
ホワイトバランスを「オート」にすると、
壁の白を正確に再現しようとカメラが判断して、上のような写真になります。
「晴天(左の写真)」にすると太陽の黄色い感じが残ります。
でも、少し物足りないです。「曇天」が僕の記憶色でした。
もっと大げさに光の感じを人に伝えるのでしたら右の写真、
「晴天日陰」ぐらいにしてもいいと思います。ホワイトバランスの設定で、色々な効果も出せます。
a0003650_2132466.jpg

オートにすると、面白みにかける場合もあります。
「晴天」で、見た目ぐらい。
時には「蛍光灯(赤い補正)」や「電球(青い補正)」にすることもあります。
どんな絵を作りたいかなので、商品カタログの写真を撮るわけでなければ、
それは各自の自由で構いません。

最近のデジタルカメラの性能は飛躍的に向上しました。
ホワイトバランスを「オート」にして撮れば、大きな失敗はなく、
だいたいきれいに写ります。
でも、独自の表現をしたい時に、「オート」以外の設定を試してみて下さい。

この記事を読んで、よくわからなくても、気にしないで下さい。
実際に自分のカメラで設定を変えて撮り比べれば、すぐにわかります。
たとえば町中でスナップを撮るときに、
最初の10分は「晴天」次は「曇天」次は「電球」とか、撮り比べたりすると、
一目瞭然ですし、また面白い絵も作れると思います。
a0003650_20514116.jpg
注・ニコンD70やD40の場合、「M A S P」の撮影モードでしか、
ホワイトバランスの任意設定はできません。
これ以外の「かんたん撮影モード」では、ホワイトバランスは「オート」で固定されます。

最後に余談です。
この記事を読んで、「RAWで撮れば、後で設定を変えられるのに」
と思った方。まさにその通りです。
ホワイトバランスなんか考えずに、PCでの後処理にまかせて撮るのも手段の一つです。
でも、初心者には、あまりおすすめしません。
撮影現場で、光の角度や光の色をきちんと見る癖がつかなくなるからです。
:->

by moonisup | 2007-04-15 20:45 | camera


<< Mac Power 5月号      モニターの色(色温度について) >>