2007年 04月 18日
デジカメ講座 露出補正
デジタルカメラ初心者向けの講座です。
今回は、露出補正について、簡単に書いてみます。
一眼デジカメだけでなく、コンパクトデジカメにもある機能です。
a0003650_231669.jpg




a0003650_232939.jpg
これはニコンD40ですが、他のメーカーでもシャッターの近くに「+/−」記号のボタンがあります。
これを押しながら、コマンドダイヤルを左右に動かすと、写真の明るさを変えられます。
具体的な操作方法は、各カメラメーカーのサイトに説明があります。
これはニコンのチュートリアルムービーですが、
これ見ればわかると思います、他のカメラもおおむね一緒。
(左・メニューを開く→明るさと色をコントロール→露出補正)
(カメラの操作方法は質問しないで下さいね、ニコン以外はわからんです)
a0003650_236210.jpg
カメラの初期設定は、+−0です。
一眼デジカメは、たいてい1/3段階で変更可能です。
上の写真のように、
プラス側の補正にすると、どんどん明るくなります。
マイナス側の補正にすると、どんどん暗くなります。
a0003650_2394012.jpg
1/3段階では、絵柄によっては、あまり変化がわからない場合があります。
1段階で設定を変えると、かなり違いがわかります。

適正露出という言葉を聞いたことがありますか。
写真のテキストなどによく書いてあります。
「白飛びしている部分がなく、黒つぶれがなかったり、まんべんなく絵柄が判断できる明るさ」
というニュアンスだったりします。
でも、それはカタログ用などの商品撮影では大切ですけど、趣味の写真では意味が変わってきます。
適正露出を決めるのは、撮影者本人です。
何を表現したいかですね。上の紅茶の写真。
夜の雰囲気をだしたいのなら、マイナス2。
昼間の明るい雰囲気をだしたいのなら、プラス2。
a0003650_23105734.jpg
この写真ですが、カメラの初期設定の+−0で、問題ない写真です。
でも、写したいのは空ではなくて、建物の模様だったら、+2が適正です。
a0003650_23171332.jpg
桜の写真は難しいですね。
見た目のようなあわいピンク色には、なかなかならないです。
ピンクをきちんとだそうとるすと、かなり暗い感じの写真になります。
僕は白飛びしているぐらいの、明るい写真が好きです。
a0003650_23182518.jpg
最初のパンの写真です。
どちらの明るさが、おいしそうですか?
どちらの明るさが、ドイツパンらしいですか?

いつものように、あいまいな、答えのない講座で、すんません。
でも、写真はこうしなさい、という決定打はないのです。
明るさを決めるのは、僕もいつも試行錯誤です。
それが楽しいんですけどね。
:->

by moonisup | 2007-04-18 23:19 | camera


<< 「うちの食卓 Non solo...      Mac Power 5月号 >>