2007年 11月 30日
漢(おとこ)の料理・4 アサリの酒蒸し
a0003650_23195577.jpg
大久保君(30歳・独身・音楽ラブのナイスガイ)のためのレシピ、第4弾。
年末進行で忙しい時の1品・とても簡単・アサリの酒蒸し。

1回目・キャベツスープ
2回目・厚揚げ豆腐
3回目・エビ玉丼



a0003650_23203092.jpg
1.砂抜きしてあるアサリを買ってくる。
2.アサリをごしごし水で洗う
3.アサリを鍋にいれる(水は不要)
 日本酒を大さじ2杯入れる。
 大さじ2杯というのは約50cc。
 50ccというのは、フィルムケース1本分の量(もうそんなものないね)。
 ま、だいたいでいいから。
4.鍋(フライパンでも可)にフタして、中火で煮る
5.たまに鍋(フライパン)を、フタしたままゆする、約1分
6.火が強すぎると、貝の汁と日本酒が、この写真ぐらい泡立つので、
 吹きこぼれないように。
 煮すぎないように、アサリがフタを開けたら、それで完成。
a0003650_2321855.jpg
汁もすてないで、皿に移して、食うべし。
ひとつ味見して、物足りなかったら、醤油をふりかける。
うげ、しょっぱい、という場合もあるので、慣れないうちは、
煮る時には、塩も醤油も何も入れない。
物足りなければ、次から煮る時に、小さな唐辛子いれてもいいし、
塩でも醤油でも入れてくれ。
アサツキをかけたり、トッピングは好みで。
何せ忙しい時期だから、んなことしないで、
アサリと日本酒だけで、シンプルに作るべし。
低カロリーだし、鉄分補給になるので、飯のおかず、酒のつまみ、どっちでも。

アサリの砂抜きは、かなり時間のかかる作業なので、
きちんと砂出ししてあるのを売っている魚屋で買うのがベスト。
まあ、それも難しいから、遅くまで営業しているスーパーで買うしかないよね。

一応、砂出しの方法(の一つ。色々流派があるもよう)
a0003650_23222892.jpg
海水(約3パーセントらしい)と同じ塩水というのが原則。
水300ccなら9グラムぐらいかな。
そして、ポイントは、
1.アサリの半分は空気に出して呼吸させる、水没させない。
 呼吸しないと砂を吐けないので。
2.バットの中で網にのせる。一度吐き出した砂をまた吸うのを防ぐため。
3.窓のない風呂場、あるいは新聞紙で覆って、暗くする
4.で、3~4時間したら、
5.アサリを水でごしごしあらって、ぬめりを取る。
6.ザルにあげて、今度は、潮(塩)出しをさせる。
 砂出しと塩出しは別(だそうです、僕も聞きかじりの知識です)
と、まあ、かなり面倒なんだよね。
ここまでするのは撮影用のみ(笑)
潮(塩)だしが必要なのは、潮干狩りで採ったような鮮度のいいもの。
a0003650_23225130.jpg
とまあ、凝りだすときりがないのは、どんな料理も一緒。
男子たるもの、
1.スーパーで「砂出し済み」のアサリ1パック買う
2.水でごしごし洗う
3.鍋にぶちこむ
4.日本酒を適当に、がーっとかける
5.♪All I hear is bur~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~n!
 (BGM:Deep Purple) 1分ぐらいフタして
6.アサリがすべて口あけたら完成、
アサツキぃ?、しゃらくせえ、味がたんなきゃ、醤油か七味持ってこい!
鍋ごと食うのが漢らしいが、火傷の可能性大なので、皿か丼にうつす。
で、よろしいかと思います。
:->

by moonisup | 2007-11-30 23:23 | recipes


<< 炊き込みご飯の炊ける匂い      ガトーショコラとチョコレートソース >>