2007年 12月 10日
漢(おとこ)の料理・番外編 フランク・ザッパ !!
a0003650_2384162.jpg
フランク・ザッパ!



ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛



a0003650_23142520.jpg
写真家・JQPさんのブログは、美しい写真と楽しい文章満載で、大好きなブログの一つです。
そこで、

 「漢の料理、楽しみにしています。
  個人的には、フランクフルト・ソーセージを大雑把に料理した、
  'フランク・ザッパ'なんてものを期待していたりします。」

と、仰せつかりまして。
うーん、むずかしい。
考えること数日、日曜日の朝に、似顔絵作ったんですけどね。
、、、
最大のテーマは、'大雑把'ということにします。
イギリスで食った朝食を再現します。
ザッパはアメリカ人ですけど。
フランクフルトではなくて、ただのウインナーですけど。
a0003650_2320131.jpg
1
イングリッシュマフィン、卵、キュウリ、ウィンナーを用意
 写真にはないけど、バター、マスタード、ケチャップ
2
キュウリは斜めに切る。
3
フライパンにウインナーを置く。弱火で。
ウインナーとかは、中身と皮で、加熱する塩梅が異なる。
中身のために、鍋で少し茹でて、それからフライパンで炒めると、
中身もおいしく、外もかりっと仕上がる。
でも、そんな面倒なのは撮影用の時だけ。
遠火の炭火気分で、フライパンで弱火で、あぶる感じ。
やたらと動かさない、ほっておいて、少し表面を焦がすように、
まわしていく。
なーんて、面倒だったら、強火でgo
4
溶き卵を流し込む、ぐちゃぐちゃにあえる
5
汚くてよい(ロックだから)
6
それらを皿に移して、そのままバターを同じフライパンに置く。
パンを開いて、両面焼く。
ウインナー、卵、バターの味が、パンに染みこむ。
バターを後でパンに塗る手間が省ける。
7
パンを一枚皿に移して、薄切りのキュウリを滑り止めに置く
8
ウインナー、卵を、こぼれんばかりに置く。
マスタードとケチャップをかける
もう一枚のパンではさんで完成。
両手と口をべたべたにしながら食らう。

これは本来、ベーコンで作る料理。
ベーコンの油とバターを、パンに染みこませるようにして焼く。
ザッパもびっくりのおいしさ。

JQPさん、こんなとこで勘弁してください、
またなんか考えますね。
:->

by moonisup | 2007-12-10 23:25 | recipes


<< 美しいタルト      みぞれ鍋の土曜日、焼きアゴ出汁... >>