2007年 12月 20日
漢(おとこ)の料理・ カボチャ、マグロ漬け丼
a0003650_21545325.jpg
冬至に、カボチャを食おうじゃないか。

漢(おとこ)の料理・6回目 カボチャ。と、マグロの漬け丼。

1回目・キャベツスープ
2回目・厚揚げ豆腐
3回目・エビ玉丼
4回目 アサリの酒蒸し
5回目 レンコン炒め
番外編 フランク・ザッパ



a0003650_2214066.jpg
1.
スーパーでは、丸ごと一個ではなくて、カットされたのが売っている。
真ん中の種とわたを、スプーンで取りのぞく。
2.
こんな感じ。そんなにシビアに取らなくても可。
3.
カボチャは何が大変って、固いので切るのが面倒。
くれぐれも指には気をつけて。
皮を下にして、えいやと、1/3ぐらいにカット。
4.
このサイズにしてから、ピーラーで皮をむくと楽。
てきとうでいいよ、少しぐらい皮は残っていてもいいので。
5.
それをさらに半部にする。
これぐらいの大きさに切っていれば、薄く切るのも難しくない。
厚みなんかまちまちでいいので、スライスする。
この時も皮側を下にして切る。
6.
こんな感じ。
ここまでが基本の下準備、後は好きに調理。
フライパンだけでできる簡単なのをひとつ紹介。
7.
スライスしたカボチャを、ボウル(丼でも可)にいれて、
塩、コショウ、ゴマ油で、混ぜて、10分ほっておく。

a0003650_2217358.jpg

8.
フライパンを温めてから、ゴマ油をしく。
カボチャを入れて、軽く炒める。
少量(入れすぎない)熱湯をポットから入れて、煮る感じでフタをする。
こうすると、確実に煮くずれるんだけど、んなのは気にしない。
ほくほくになるので。
固くパリッとしたのが好きなら、お湯は入れないで、炒めるだけ。
お好みで。
途中で、舌を火傷しないように気をつけながら、つまみ食いして、
好みのやわらさかになったら、
9.
最後の味付けは、レンコンの時も使った、めんつゆを少量。
すでに塩コショウしてあるので、風味をつけるぐらいの感じで。
入れすぎるとしょっぱくなる。
で、完成。
(以上、BGM The Smashing Pumpkins)

カボチャなんて、総菜コーナーでも売っているから、
一人暮らしなら、そっちのがかえって安くて便利なんだけど、
総菜コーナーのカボチャ煮って、甘すぎるので、あまり好みではない。
カットしてあるカボチャなら、一人でも2,3回にわけて食べきれる。

さて、カボチャだけでは地味なので。
がつんと、豪勢に、マグロ買おうじゃないの。スーパーの特売のね(笑)
a0003650_22225143.jpg
こんなマグロが一切れ500円ぐらいで売っている(もちろん冷凍もの)
これを使って、まぐろ漬け丼を作ります。
これは僕のレシピではないのです。
「食卓の風・・・」という人気ブログがありましてね。
ここで紹介されていたものです。
詳しいレシピはリンク先参照。
流れだけ書くと、
1.
買ってきたマグロに、熱湯を両面かけて霜降りにして、すぐに冷やす。
2.
醤油・みりん・日本酒、に30分つける(配分はリンク先参照)
3.
カットして、丼飯にのせる
4.
山芋をすりおろしたのをかける
5.
わさび、ネギのせて、海苔きざんで、のせる
6.
うりゃー、とまぜで食らう。
すっげえ旨いから、ぜし。
と、言っても大久保君、年末進行でそれどころじゃないかもね。
風邪ひかないように、お疲れっす。
a0003650_22275521.jpg
本当に美味しかったです。
子供(10歳・明日はお楽しみ会でわくわくのナイスガイ)も、いっき食いでした。
わさび抜きでしたけど(笑)
醤油は、薄口にしました。
ブログ「食卓の風・・・」は、美味しそうな料理が満載のブログで、
いつも見てる、憧れの'食卓'です。
:->

by moonisup | 2007-12-20 22:09 | recipes


<< 好きなもの・2 紅茶      2008年 カレンダープレゼント >>