2008年 01月 22日
漢(おとこ)の料理・じゃがいもとベーコン
a0003650_2059392.jpg
漢(おとこ)の料理。
電子レンジもトースターも持っていない男(大久保君)のための料理、
という主旨ではじめたのですが、
「ル・クルーゼまで持ってらっしゃるじゃないすっか!」
というご婦人方になぜか好評のコーナーです。
今日はジャガイモとベーコンです。



a0003650_2183526.jpg
1.
ジャガイモ(食いたいだけ)を皮つきのまま、ごしごし洗う。
鍋で30分ほど煮る。
お湯がへっていくので最初に多めに、ふきこぼれないように注意。
電子レンジならもっと早い、
というコメントは即削除します、オス。
2.
煮ている間に、にんにくを切る。こんぐらいかな。
まあ食いたいだけ。
3.
皮むいててきとうに刻む
4.
茹で上がったジャガイモを、火傷しないように皮をむく。
てきとうなサイズに切る。
5.
ベーコン(食いたいだけ)を、カットする。
真空パックのベーコンを買ったら、そのパックの上で切る。
まな板の上で切ると、後でまないた洗うのが面倒。
6.
フライパンにゴマ油しいて、カットしたニンニクを炒める。
色が変わったら、
7.
ジャガイモとベーコンを入れる。
弱火と中火の間ぐらいで、ゆっくりと炒める。
味付けは塩とコショウだけ。
'おいしそう'って思える焦げ色がついたら、火を止める。
浅葱きざんで、ふりかけて食らう
(浅葱はなくても可。上の写真のは、湯豆腐セットであまった乾燥浅葱を使用)

学生の頃に行っていた下北沢の定食屋で、このメニューを知った。
お店の味は醤油が入っていたりして、もっと濃い味だった。
ジャガイモ、ニンニク、ベーコンのハーモニーがたまらんです。
味付けはお好みで工夫してね。
ニンニクを最初に炒めるんだけど、その時に焦げすぎないように。
少し色が変わったぐらいで、ジャガイモを投入して大丈夫。

1回目・キャベツスープ
2回目・厚揚げ豆腐
3回目・エビ玉丼
4回目・アサリの酒蒸し
5回目・レンコン炒め
番外編・フランク・ザッパ
6回目・カボチャ、マグロ漬け丼

:->

by moonisup | 2008-01-22 21:27 | recipes


<< 東京の雪      写真講座 構図について(皿とフ... >>