2008年 02月 06日
イギリスのジャム
a0003650_23301378.jpg
僕はイギリスの冬を知らない。
その厳しさはどれほどのものなのだろうか。
低い気温は暖房で補えるけど、日照時間はどうにもならないのだろうか。
a0003650_23393091.jpg
東京は積もるほどではなかったのだけど、
今日も雪がふった。
寒い空気が、鼻の奥を刺激する。
にじむようにでる涙が視界をさまたげるので、指でぬぐおうとすると、
メガネのレンズがびっくりするほど冷たかった。
a0003650_23402651.jpg
新しいジャムを開封するたびに、スコーンを焼く。
無塩バターを指でほろほろと砕いて粉にまぜこんでいると、
かさかさの手が、少しだけうるおう気がする。
オーブンから漂う焼き上がりの匂いは、
晴れた日よりも、曇り空のためにあるのかもしれない。

 とてもおいしいジャムだね
 ありがとう。
 
ひだまりのスコーンよりもあたたかい季節まで、あと少し。
:->

by moonisup | 2008-02-06 23:50 | sweets


<< 育てるたまご      わらしべ長者の晩餐 >>