2008年 03月 23日
タイムの栽培のしかた
a0003650_2252516.jpg
PIEのセミナーにお越し頂いた皆様、関係各位には心よりお礼申し上げます。
特にセミナー直前に窮地を救って下さった玉内先生
本当にありがとうございました。

さて、セミナーの内容をブログでご報告したいのですが、1時間のセミナーをテキストにするのはとても難しく、
昨日から書いたりしているのですが、長編小説のようにだらだら長くなったので、一度削除して、
また後日に、適切な記事にまとめたいと思います。
セミナー後の撮影会も、別記事にしてアップする予定です。
気長にお待ち下さい。
撮影会に参加された方でご自分のブログにすでに様子をアップされた方、
是非その記事のURLをメールで送って下さい。
こちらの記事で参加者一覧としてリンクしたいと思います。

さて、セミナーとはまったく関係ないのですが。

育てるたまご

2月9日に、これの栽培をはじめて、まったく芽がでませんでした。
そのまましばらくほっておいて、一週間ぐらい前に予備の種をまいたら、
タイムのほうは、にょきにょきと芽がでました。
(イタリアンパセリはまだ音沙汰無し)

さて、現在こんな状況ですが、この後どのように栽培するとおいしくなるのでしょう?
ご存じの方、いらっしゃいましたら教えて下さいませ。
よく、「適度にまびく」とありますが、
それはどれをどれぐらいどうするものでしょうか?
できれば鉢に植え替えしないで、このまま楽したい育てたいと思っています。

コメントレス、メールのお返事、遅れていてあいすみません。
:->

by moonisup | 2008-03-23 21:34 | food


<< これからフォトブログをはじめるかたへ      伊豆高原の緋寒桜 >>