2008年 04月 22日
スコーンはおいしい
a0003650_23363758.jpg
パウンドケーキをマーガリンで焼いてみてから1週間。
端をカットして味見をした。
そのまま静かにまた冷蔵庫にしまった。



a0003650_2337537.jpg
無塩バターを手に入れた。
売っているところには売っているものだ。
いつもより多くのお金を支払って。
カバンに入っているのは金塊のような、そんな高揚感で帰宅した。
高校生の雪の日に、Van Halenの1984が発売されて、
そのレコードを持って帰る時みたいな気持ちだった。
a0003650_23373866.jpg
いつもよりも少しばかり高級なバターで作ったスコーンは、
エディーのギターのように素晴らしかった。

スコーンを焼くのは週末、と決めていたけど待ちきれなくてバターを買った翌朝に焼いた。
その日は音楽の授業のある日の朝で、
子供がランドセルにいれるべき教科書を見つけられなくてーいつものことだー何かわめいていた。
ようやく静かになった部屋で、ジャムの味比べをした。
なんてことを。
初めての自作ジャムと、イギリス土産の秘蔵のジャムを比べるなんて、
僕はどうかしていた。
a0003650_23383515.jpg
食べ残されたスコーンはいつものように仕事場に運ばれて、おやつになる。
焼き上がりのスコーンは特別な魔法がかかっているようで、
呪文が溶けたスコーンは、どうってことがない。
a0003650_23392532.jpg
初めて作ったジャムはすぐになくなったので、再び煮込んだ。
同じレシピだけど、砂糖を少しだけ控えて。
最初に作ったジャムよりもおいしい、と子供に誉められる。
嬉しかった。
a0003650_23395059.jpg
忙しい時は、あれも作ろう、これも作ろうと思うのだけど、
暇になるとぼーっとしてばかりで、何も作っていない。
焼いてみたいケーキがあるのにね。
:->

by moonisup | 2008-04-22 23:40 | sweets


<< 千代田区三崎町 千鳥(ちどり)...      お散歩撮影会は楽し >>