2008年 05月 08日
5月のモノクロ撮影会
a0003650_22441718.jpg
2008年5月1日。
東京都庭園美術館で。



a0003650_22444419.jpg
5月最初の木曜日にモノクロ撮影会をおこないました。
今回の撮影会は、参加人数10名。
一人だけフィルム、他はデジタルカメラ。
プロフォトグラファーが4名。
最初に、全員のカメラをモノクロモードに設定。
モノクロモードのない人はカラーのまま。
僕の使用カメラはD40、レンズはフォクトレンダーのパンケーキ(40mm F2)のみ。
a0003650_2245373.jpg
さて、庭園の緑と建築をモノクロで撮ってみましょう。
a0003650_22452057.jpg
写真家の関さんが、モノクロの撮り方のコツを何人かの方に教えていました。
1.明暗の対比が面白い場所を探す。
2.木々の肌や地面のテクスチャに注目する。
3.公園のベンチに座っている人等をアクセントに使って構図を作る
など。

モノクロの考え方は色々あります。
小学生の時、鉛筆だけでクロッキー帳にスケッチしたのを思い出してみてください。
色がないから、物の形やラインをよく観察したと思います。
a0003650_22453993.jpg
この回廊は多くの人が撮っていましたね。
色がなくても、形、線、遠近感、美しい光景だと思います。
a0003650_2246536.jpg
そのまま下も見て。
露出を少しだけマイナス補正して(アンダーにして)、
光と石の質感を表現してみました(関さんアドバイスの1と2)
a0003650_22463243.jpg
参加された皆様、
「モノクロ難しいなー」
とおっしゃりながら、
でもそれを楽しんでいるようで、よかったです^^
a0003650_224650100.jpg
日本の水墨画とかを見ると、構図アイデアの宝庫だったりします。
北斎なんか、今見てもぶっとんでいますからね。
a0003650_22472131.jpg
これは関さんアドバイスの2
カラーで撮るよりも、砂利の質感でるかな、どうでしょう。
色彩がないという抽象表現は、見る人々に自由に想像させる余地があります。
a0003650_22474997.jpg
木肌の感じとか。
色情報がないので余計な装飾が取り払われて、
被写体の魅力を強調できるのがモノクロの魅力の一つです。

今回、お散歩写真の達人、伊藤さんが参加して下さいました。
伊藤さんの皆様へのアドバイスは、
「ただまっすぐに歩かない。立ち止まって、振り返って、右見て、左見て、
 しゃがんで、また前見て。見落としている光景がたくさんあるはずだから」
a0003650_22482348.jpg
これはそのアドバイスに従って撮影してみました。
同じ被写体を、ぐるっとまわって180度逆から撮影したもの。
まったく同じものなのに、ずいぶんと違う印象になります。
a0003650_2248553.jpg
とても楽しい撮影会でした。
a0003650_22491961.jpg
今回、スタジオM2の窪田さんが参加して下さっていたので、
撮影会終了後にスタジオに案内してくださいました。
10名だとカフェに入るのも大変なので、とても助かりました。
a0003650_22501472.jpg
そしてスタジオM2のMacに、伊藤さんが撮影した全カットを取り込んで、
全員で鑑賞しました。
素晴らしかったですね。
プロの撮影というのは、こんなにも無駄がないということです。
通常、プロフォトグラファーの写真フォルダをのぞくことなんて、
クライアントだってなかなかかなわないことです。
自分が撮った全カット(フィルム時代はベタ焼き、コンタクトシート)を人に見せるのは、
裸を見せるようなもので、どんなベテランの方でも嫌がるものです。
二つ返事で快諾して下さった伊藤さんに深く感謝。
さて、伊藤さんも見せたのですから、僕の全カットもお見せしました。
、、、、ありゃーという感じでした(^_^;)
伊藤さんが、約40カットなのに、僕は150カットもありました。
露出をばらしたり、構図を変えたり、同じ被写体を何枚も無駄コマ撮っています。
ご覧になった方は、僕の無駄コマの多さに驚いたことでしょう。
ま、それでいいのだと思います。
たくさん撮って1枚でもいいカットがあればラッキーということで(笑)
a0003650_22505024.jpg
今回のモノクロ撮影会は、昨年の夏に、関さんに持ちかけた話で、
それから9ヶ月もたってやっと実現しました。
モノクロ写真は、ノスタルジックなものでも、ロストテクノロジーでもなく、
そしてカラー写真と比較するものでもない、芸術表現の一つだと思っています。
その在り方や方法論を語る前に、気軽な気持ちで撮ってみて楽しみたいね、と。

プロフォトグラファーは、デジタルでモノクロを撮る時は、カラーモードのRAWで撮影して、
それをフォトショップなどでモノクロ展開することが多いです。
その方が、より豊かな階調表現が出来るので。
今回、伊藤さんには、無理にお願いしてカメラ内でのモノクロモード・jpgで撮影していただきました。
深くお礼い申し上げます。

RAW撮影でのモノクロ展開は、フォトショップの高度なスキルが必要です。
それを覚えるのもいいのですが、最初の導入としてデジタルカメラでのモノクロモード撮影。
興味のある方は、楽しんでみて下さい。
a0003650_22511830.jpg
最後に参加された皆様、本当にありがとうございました。
是非また撮影会をしたいと思います。

参加者サイト一覧
同じ場所でも撮る人によってこうも違うのか、と面白い発見があるかと思います。
リンク数多いですが、お手すきの時にでも是非ご覧ください。

フィルムで撮影された関さん

伊藤さんのブログ

スタジオM2・窪田さんのブログ

kuwaharaさんのフリッカー

Yucoさんのブログ


あんじーさんのブログ
その1
その2
その3

らぶ☆わいたんさんのブログ
その1
その2

gomaos_siteさんのブログ

ゾンダッハさんのブログ

皆様ありがとうございました。
:->

by moonisup | 2008-05-08 22:52 | photo


<< いただきもの      11才おめでとう >>