2008年 09月 07日
好きなもの・5 写真を撮ること
a0003650_9241399.jpg
写真を撮ることが好き。



カメラに新しいフィルムを装填して、カウンターを0にセットする。
被写体を探し光の方向を見て、どう撮るか決めて、カメラをかまえる。
構図、ピント、絞り、シャッター速度、被写界深度を考える。
36枚なんて、あっという間だった。
巻き上げレバーがぐっととまる手応えがあると、
あわててフィルムを巻き取り、次のフィルムを装填する。
急ぐ必要なんかまるでない時でも。

デジタルになっても、さしてかわらない。
36枚があっというまだったように、1ギガのカードなんてすぐにいっぱいになってしまう。
写真を撮ることはいつだって楽しく、カメラさえあれば退屈しない。
a0003650_18581198.jpg
写真がつらくなるときがたまにある。
うまく撮れないとき。
自分の力が及ばない時はとても悔しくて、かなしい。
そして自分が手をぬいた時。
どんなものを撮っても、そこに写っているのは、その時の自分自身だ。
人からどんなにその写真を誉められても、
ふっと、もう一人の自分が後ろから襟首をつかんでささやく。
「おい、それでいいのか、あんな写真でいいのか、
 おまえ、もっとちゃんと撮れたろう?あれがおまえの写真なのか?」
その怖さと後悔の念はずっと消えない。

ずっと写真を続けていると、ごくまれにある。
「ああ、いい写真が撮れたじゃないか、頑張ったじゃないか、これいいよ。」
と、思える瞬間が。
でも、その気持ちは持続することなく、すぐにその写真に飽きてしまう。
時間がたてば、
「なんだ、あんなのはたいした写真じゃなかった」
と思い、目に触れない場所にしまいこむ。
だからこそ、またカメラをもって出かけることができるのだ。
一生満足しないから、一生続けられるのだと思う。

カメラマンをしているというと、
「カメラが好きなんですね?」
と聞いてくる人がいる。
もちろんカメラは嫌いではなく、大切な道具だ。
でも、極端なことを言えば、カメラでありさえすればなんでもいいのだ。
シャッターを押して写真を撮ることができるものなら。
カメラが好きなのではなく、写真を撮ることが好きなのだから。


好きなもの・20

:->

by moonisup | 2008-09-07 19:11 | my favorite things


<< ミルクバニラのジェラート      Bionicle Radiak >>