2008年 10月 30日
南へ、西へ 08 湯気の見える食卓
a0003650_23432527.jpg
朝日の注ぐベランダで。



a0003650_2344541.jpg
朝の10時半には福岡空港に着いていないといけない。
慌ただしいスケジュールを組んだのは僕自身なのだから仕方がない。
前の晩、みんなで餃子を食べながら、フライトまでの短い時間でどこに行くか話し合った。
色々な場所を提案して下さったのだけど、僕のリクエストは、
「みんなでどこかで朝ご飯を食べたい」
でした。
朝8時半にmangobanapako2家を出発(二泊&ワークショップ本当にお世話様でした)
9時前には、coo-coosさんの家に。
お二人が台所にいる間、'はにー(coo-coosさんのダーリン)’の部屋で四たび音楽話。
「ごはんですよー」
という声が聞こえたので、いそいそと食卓へ。
a0003650_23455016.jpg
再び、coo-coosさんの朝食。
食卓にはmangobanapako2さん手作りの干物も。
笑い声とともに食べる朝ご飯は、とびっきりの味だった。
a0003650_23461962.jpg
旅の最後の日は必ず晴れる。

「飛行場行くのいやだなあ」
僕がつぶやくと、みんなが
「残りなよ、明日帰ればいいよ」
と。
冗談ではなくて、僕はかなり本気だった。
仕事のやりくりを考えていた。
a0003650_23465787.jpg
ベランダに出て、あたたかい紅茶をいただく。
みんなでぼーっと、空を眺めていた。
なんか無言になった。
(このお茶を飲んだらお帰りなさいな、帰る場所があるやろ、待ってる人がおるやろ、
 みんなだってもっと遊びたいんよ、全然あそんでらんけん、でも、また来れるやろ、大人やし)
そんな、やさしく、やわらかい、おいしい味がした。

前回の福岡も空港に行く直前に紅茶を飲んだ。
あの時は、ゆべちんが車で空港まで送ってくれた。
(そういえば、今日から佐賀のバルーンフェスだね、Y君、約束果たせなくてごめんね、でもまたいつか行くから)

今回は、mangobanapako2さんが車で送って下さった。
だんだん飛行場が見えてきた。
coo-coosさんから、空港であった昔話を聞いた。
はにーも、くーさんも若かった頃の素敵なお話。
a0003650_23483142.jpg
飛行機は行きも帰りも満席だった。
少しだけ眠かったけど、持ってきた文庫本を読み終えた。
滞在中はこの本を開く必要はなかった。
a0003650_23485786.jpg
初秋の空は紺碧の色。
雲の向こうは僕の街。

九州の皆様、おかげさまで無事にワークショップをおえることができました。
またいつの日かお会いしましょう、また楽しい写真の話をしましょう。
coo-coosさんご夫妻、mangobanapako2さんご夫妻、たくさんのありがとうを。
じゃあまたね。

(福岡旅行記・終わり)
:->

by moonisup | 2008-10-30 23:49 | travel


<< Vanilla Shortbread      南へ、西へ 07 コスモスと餃子 >>