2008年 11月 02日
Vanilla Shortbread
a0003650_1353513.jpg
初めて焼いたショートブレッド。
美味しいのですけどね、、、



a0003650_136351.jpg
焼き上がり。
こなごなになりました。
はじっこを持ってふると、ぽきっと折れます(笑)

これは友人が教えてくれたレシピから。
ニューヨークにグラマシー・タバーンという人気レストランがあるそうです。
そこの女性パティシエ、クラウディア・フレミングの本より。
「The Last Course: The Desserts of Gramercy Tavern(Random House, 2001)」より。
出版社のランダムハウスは日本では学術専門書のイメージがありますが、アメリカを代表する総合出版社。
料理本も多く、'everyday FOOD'などは僕も持っています。
とまあ、レシピは立派でも作るのは僕なので、上記の結果に。
事務所に持って行っておやつにしようと思ったのですが、
朝の通勤ラッシュ時に、よりいっそう粉々になると思い断念。
はたして帰宅してみると、すっからかん、あれ?
子供とその愉快な仲間たちが、全部処理食べてくれたもよう。

そして後日、撮影が終わった後に、先生がお土産に下さったのがこれ。
a0003650_1364829.jpg
はじを持ってふっても折れません(当たり前か)
レシピをうかがったのですが、分量は違えども、材料は、バター、砂糖、粉、とほぼ一緒。
うーん、、、、
帰宅して、
「おみやげがあるよ」
「なに?」
「ショートブレッド。」
「この前食べたよ、また焼いたの?」
先生がね。」
「いただきまーす、、、、、、」
「どう?」
「、、、、あれ、これなに?」
「だから、ショートブレッド」
「これが本物なんだ!、すっげーうめぇ!」
にせもの食わしてすまん。
:->

by moonisup | 2008-11-02 13:07 | sweets


<< 米屋のおにぎり      南へ、西へ 08 湯気の見える食卓 >>