2009年 02月 26日
冬の福岡へ 01
a0003650_1422893.jpg
2009年2月19日-1228 羽田発福岡行きの上空



a0003650_143369.jpg
福岡に着くと雨。
2年ぶりに再会する友人が空港まで車で迎えにきてくれた。
雨で渋滞する市内をぬけて、ワークショップをするカフェへ。
機材を置いて、カフェオーナーと前日打ち合わせをして、遅めのランチを食べる。
a0003650_143176.jpg
「どこか行きたいとこある?」
「うーん、雨ですな。筥崎宮ってとこには行ってみたいけど」
「放生会の筥崎宮?」
「そう、そこ」
「この季節は何もないけど、」
「江國香織の小説に出てきたから。それだけ。」
「行く?」
「いや、別にいいです」
a0003650_144127.jpg
夕方までお茶を飲みながら、つのる話をした。
雨やまず。
車で中州川端まで送ってもらう。
「今日はありがとう、東京に来るときは連絡してね」
「東京行く時は法事だからね」
「そうだね。」
「また会いましょう」
「うん、ありがとう」
a0003650_14102499.jpg
みんなの仕事が終わる時間。
まんごさん、相棒君、くーさん、tsさん、と合流。
2月の目標「鰻(まだ行ったことのない店)を食べに行く」を福岡で達成。
美味しく、そして楽しい晩餐。
a0003650_145979.jpg
容赦なく降り続ける冷たい雨。
この晩、tsさんとの音楽夜話は、22歳の天才ベーシスト・Tal Wilkenfeldについて。
コーダマークがついたのは夜の0時。
それからベッドにもぐり、MacBookで持ちこしている仕事にとりかかるも25時には就寝。

(つづく)
:->

by moonisup | 2009-02-26 14:07 | travel


<< 春は名ばかり      玉椀盛來琥珀光 >>