2009年 03月 14日
冬の福岡へ 04 湯気のある食卓
a0003650_233287.jpg
福岡の朝ごはん。



a0003650_23324698.jpg
くーさんちの食卓。

2月の福岡旅行記の続きです。
金曜日の晩夜中の2時まで起きていたのですが、日頃の習性で朝の7時には目覚めてしまいます。
そしてキッチンからいい匂いが届くまで二度寝ができる幸せ。
昨夜の鍋の残りで牡蠣雑炊を朝からいただく、恒例の大名待遇。
のんびりとした幸せな土曜日の朝。
と、いつまでものんびりできず、機材まとめてワークショップ会場へ移動。
昼からキャンドル撮影ワークショップをおこない、終わった後に、
a0003650_23365663.jpg
あまおうのヨーグルトをいただきました。
まんごさん曰く、
「甘さがいまいち、これは'あまおう'ではなくて、'あまおうダッシュ'」
とのことですが、いえいえ充分においしいものでしたよ。
a0003650_234028100.jpg
地下鉄に乗って、
a0003650_23423417.jpg
2年ぶりに柳橋連合市場へ。
a0003650_23455393.jpg
買い食いしながらお買い物。
焼きアゴ(トビウオの出汁・左上の写真)を買うために行きました。
a0003650_23462148.jpg
そして夕方、東京からいらした(って自分もですが、この日に)Yucooooさんとも合流。
会うや開口一番、
「福岡ってすごいやん、なんでこんなべっぴんさんばっかりなの!、
 女優さんみたいな美人がごろごろおるでー、すごいわあ、関川さんが福岡好きな理由わかったわあ」
、、、えーと、ま、いいや(笑)

福岡は今回で3回目なのですが、いつも旅をしている気分にならないのですね、
なんかこう、東京にいる感じで。
町の感じが東京に似ていて、天神のあたりは吉祥寺ととても似ているのです、雰囲気が。
そして、女性の服装も東京と似ているからだと今回気づきました。
ファッションのベクトルが同じ方向なのかもしれません。
日本の他の都市とは明らかに違います。
今回、金土と朝の通勤時間帯に電車に乗って気がついたのですが、余裕があるのです、空間に。
人が多すぎないんですね。
JR新宿駅は一日に80万人が通過するそうで(世界一だそうです)、
あの駅での乗り換えは日々戦場なのです。
早足で人とぶつかりながら歩くので、自分も含めて眉間にしわがよっている人が多いんですね。
あともう1つ。
福岡は空が広いのです。
空港が近く、ビルの建築高さ制限があるので。
空が見える街は、心に余裕があるのでしょうね。
そんなことから、おだやかな笑顔で歩いてる女性が多いのかなと思いました。
a0003650_23554185.jpg
さて、日も暮れて。
ツーリストだけではたどり着くのが難しい店へ。
この写真の右側、民家に見えるところが、今宵の晩餐会場。
a0003650_23563820.jpg
炊き餃子、というものを初めて食べました。
「かようなものが、ありましたか。(剣客商売より)」
という美味しさです、やたらとたくさん食べました。
最後はこの鍋にちゃんぽん麺を入れて。
yucoさんに、
「こんなにたくさん食べる姿を初めてみたわ、いつも小食なのにね」
と言われる始末。
6名でさんざん食べても、安いもので、それもまた福岡の魅力。
a0003650_23581973.jpg
tsさんに、
「一杯だけ呑んでいきませんか」
と言われて連れて行っていただいたのが、福岡のロックバー。
ここでウヰスキーの水割りをいただきました。
以前来たとき彼にこのお店の話を聞いていて、いつか行きたいと思っていたので、
念願かない至福の夜。
二日連続でアルコールを体内に入れたのなんて人生初かもしれません。
(次の日もまさか呑むとはこの時点では思っていない)
この晩は就寝1時半、連日の夜更かし。

(つづく)
:->

by moonisup | 2009-03-14 23:44 | food


<< 冬の福岡へ 05 朝の漁港      Do you remember... >>