2009年 06月 12日
漢の料理 12回目・深川めし(あさり丼)
a0003650_10233478.jpg
給料のほとんどを音楽につっこんでいる大久保君のためのレシピ。
今日は深川めし、あさり丼です。



a0003650_102469.jpg
・材料。
 あさり
 油揚げ(カットしてあるのが楽)
 余っているネギ
 しょうが
 めんつゆ
 酒
 水
a0003650_1025128.jpg
・準備
1.
あさり(貝の場合)、ざっとあらって水気を切って鍋にいれ、
日本酒を適当にふりかけて蒸し焼き。
すぐに貝が開くので、火を止めて冷ます。
素手でさわれる温度になったらバターナイフなどで、
貝をむいておく。
って、面倒なので、むき身があればむき身を買いましょう。

2.
油揚げはざるにいれて、流しで熱湯をさっとかける。
これだけで不要な油が取り除ける。
カットした油揚げが売っていなかったら、包丁で切って同様に。
この行程は面倒だけどはしょらないでね、そのままだと油がきついので、
3.
ネギは、斜めに適当に切る。
4.
ショウガは少量をおろしておく。
匂い消しなので、あさりの匂いが嫌でなければショウガ不要

・調理

1.
鍋に、あさり、油揚げ、を入れる。
めんつゆを、大さじ3(適当)入れる(上の写真ぐらい)
これに、素材がすべて浸るぐらいの水を入れる。
日本酒も適当に(大さじ1ぐらい)
2.
煮る。
沸騰してからは、'I Love To Boogie : T.Rex' ぐらいの時間ですべて終わらせる。
ぐつぐついっつきたら、おろしたショウガとネギを投入。
あまり時間をかけすぎると、あさりの食感が固くなるので。
a0003650_10252874.jpg
3.
飯にぶっかけて食らう。

さて、オレの屍を乗り越えていけ、のコーナーです。
この写真のあさり飯ですが、大失敗(でえしっぺえ)でした。
味がこすぎた、あさりが少量すぎたのが敗因。
味を濃くするのは後でできるので、めんつゆは最初少なめでいいかもしれません。
そして、味見する時ですが、あさりでなく、油揚げで。
こっちのが味がしみこみやすいので。

毎回そうですが、テキストにするとだらだら長いですが、実際は簡単です。
「あさり、油揚げ、ネギ、を、めんつゆで適当に煮て、飯にぶっかける」
はい、1行で終わりです、簡単であることが重要な、漢の料理。

深川丼、あさり丼、あさり飯、色々な言い方があって、
色々なレシピがあり、本家とか宗家とか流派も色々あるようですが、
ま、てきとうに。


1回目・キャベツスープ
2回目・厚揚げ豆腐
3回目・エビ玉丼
4回目・アサリの酒蒸し
5回目・レンコン炒め
番外編・フランク・ザッパ
6回目・カボチャ、マグロ漬け丼
7回目・じゃがいもとベーコン
8回目・鮭、ごま昆布&卵まぜご飯
9回目・キノコいろいろ
10回目・海鮮みぞれ鍋
11回目・エビのマヨネーズ炒め

:->

by moonisup | 2009-06-12 10:25 | recipes


<< 東京散歩・2 市ヶ谷ー四ッ谷ー...      初めてのスウェーデン料理 >>